Record China

ヘッドライン:

<中華経済>日本の新幹線、技術もういらない?!高速鉄道の自主開発を発表―中国

配信日時:2008年2月28日(木) 8時15分
拡大
26日、中国鉄道部は時速350km以上の高速列車を自主開発する計画を発表した。北京・上海間鉄道に投入される。写真は中国版新幹線「調和号」。
(1/7枚)

2008年2月26日、鉄道部は時速350km以上の高速列車を自主開発する計画を発表した。北京・上海間鉄道に投入される予定となる。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

26日、科学技術部と鉄道部は「中国高速鉄道自主開発共同行動計画」に署名、高速鉄道用車両開発に伴う技術的課題に共同で取り組むことが発表された。新型車両は2012年にも完成する北京・上海間鉄道に投入される予定だ。

発表では、新型車両は中国独自開発となり、その知的所有権は完全に中国が保有することが強調され、世界トップクラスの高速鉄道技術を有し、世界に進出するとの目標が示された。

昨年、中国では中国版新幹線が導入されたが、その核心技術は日本、フランス、カナダなどから提供されたもの。中国版新幹線の製造で得た技術が新型車両の製造に生かされるものと見られている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

中国東北地方の新鉄道について、「日本への新幹線技術打診を全面否定」―中国・鉄道部

2007年2月26日、日本では「中国政府は、ハルビン―大連の鉄道路線の技術支援を日本に打診した」と報道されたが、中国鉄道部は全面否認している。だが、日本の新幹線技術は、中国東北地方の旅客路線に必要だ、という声もあがっている。

Record China
2007年2月28日 0時58分
続きを読む

ランキング