Record China

ヘッドライン:

「信じられない!」=京都で財布をなくした中国系マレーシア人が日本人を絶賛―中国メディア

配信日時:2017年1月12日(木) 17時10分
拡大
8日、鳳凰網は、中国系マレーシア人の男性が日本旅行で驚いた出来事について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2017年1月8日、鳳凰網は、中国系マレーシア人の男性が日本旅行で驚いた出来事について紹介する記事を掲載した。

落とし物が見つかることは、東京五輪招致でもアピールされた日本の治安の良さの象徴でもある。昨年12月14日、中国系マレーシア人のLimさんは「信じられない!」という書き出しで、日本旅行で遭遇した事のいきさつをフェイスブックに書き込んだ。

Limさんは京都を旅行していた14日午後4時ごろに財布をなくしてしまい、午後6時に警察に相談。調べたところ、Limさんの財布はすでに別の警察署に届けられているとのことだった。Limさんはすぐに電車でその警察署に向かい、手続きを経て、午後8時半には財布が手元に戻ってきたそうだ。しかも、財布の中にあった15万円とクレジットカード、キャッシュカードなどはそのまま。感激したLimさんは、警察署を離れる際に、署員とがっちりと握手をして感謝の意を伝えたという。

Limさんはフェイスブックに財布を受け取るまでの過程を写した写真をアップロードしており、財布を届けてくれた人や警察署員の対応について「日本人はとても正直者で、(警察は)効率的だ!」と書き込んでいる。

記事は、「Limさんの財布の件は特別なケースでは決してない」とし、以前、日本で行われた実験で子どもから大人まで地面に落ちた財布を落とし主に渡していたことを紹介している。(翻訳・編集/北田

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国、落とし物の大金を「警察に届けただけじゃない」銀行員の神対応=韓国ネット「おかげで韓国は幸せな国」「いまだにこんな人がいるのか!」

1日、道で札束を拾った韓国の銀行員の「神対応」が話題を呼んでいる。韓国では落とし物の現金がネコババされる例が少なくなく、警察に届ける行為も称賛の対象となるが、この銀行員の善行はそれにとどまらなかった。資料写真。

Record China
2016年8月6日 19時30分
続きを読む

日本人はなぜ、拾ったものをネコババしないのか―中国メディア

20日、中国メディア・新浪新聞中心は、東京が2020年の夏季オリンピック開催都市に選ばれた大きな理由の1つとして、滝川クリステルさんの「おもてなしの」スピーチを挙げるとともに、拾ったものをネコババしない日本人の素養の高さの原因を分析した。写真は東京。

Record China
2013年9月22日 23時22分
続きを読む

ランキング