Record China

ヘッドライン:

食べた経験ある?外国の「ゲテモノ中国料理」、日本で定番のあの組み合わせも―中国メディア

配信日時:2017年1月16日(月) 14時0分
拡大
全世界6大陸に広く分布する、故郷から遠く離れて暮らす新華社のジャーナリストにとって、望郷の念を慰める最高の手段は「中国料理」だ。だが、どこの国にも、本場の中国料理とは異なる、その国の料理人が調理した「ゲテモノ中国料理」がある。
(1/3枚)

全世界6大陸に広く分布する、故郷から遠く離れて暮らす新華社のジャーナリストにとって、望郷の念を慰める最高の手段は「中国料理」だ。だが、どこの国にも、本場の中国料理とは異なる、その国の料理人が調理した「ゲテモノ中国料理」がある。新華網が伝えた。

その他の写真

【イタリア:とろみがないのは中国料理にあらず】

イタリアに住む中国人の数はここ数十年急速に増加しており、中国人の商店やレストランは増加の一途をたどっている。だが、現地の料理人が作る中国料理はたいてい正統派の中国料理とは言えない。

たとえば、ローマにある中華料理店において、メニューに載っている料理の多くは「変わった料理」と言わざるを得ない。調味料は塩としょう油のみで、「スパイシー○○」と銘打った料理も、塩辛いだけで辛くはない。そして、どの料理にもこれでもかというほど、とろみと油が使われている。

【アフガニスタン:ラー油の絶妙な組み合わせ 独学で一人前に】

アフガニスタンで中国料理を食べるのは、特に難しいことではない。中国料理店の料理人の腕前も悪くない。この政情不安な異郷に落ち着くことになった中国人にとって、郷里の味を思い出させてくれる料理はいずれも、口に合うものばかりだ。例えば、「人参と湯葉の老干■(■は女へんに馬、ラー油)炒め」を食べたとき、皆とても驚いた。というのも、料理人がアフガニスタン人だったからだ。この料理人にラー油を炒め物で使うことを誰も教えた人はいなかったが、彼女は自分でこの料理を開発したという。塩気だけではなく甘みもあり、さらに先に油で軽く炒めたことで、人参そのものの自然な美味しさも引き立っていた。

【日本:ギョーザ・チャーハンは「おかず」】

記者が日本に出張した際、職場近くにある中国料理店で新鮮な経験をしたことがある。近くのテーブルにいた客が、メニューの中でも「お店イチ押し」の「ラーメン+ギョーザ+チャーハン」セットを注文した。中国人にとっては、この3品はすべて主食であり、それぞれにおかずを組み合わせて食べる。その後、ギョーザは日本では「主食」ではなく「おかず」であることを知った。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

クレイジーな日本の食べ物、韓国ネットで話題に=日本ネットは「いいかげん独自の文化を突き進めたらいいじゃないか」と怒り

27日、韓国のインターネット掲示板に「欧米人がクレイジーと思う日本の食べ物17種類」と題したスレッドが立って話題になっていることについて、日本ネットでは怒りの声が寄せられている。資料写真。

Record China
2016年1月28日 7時50分
続きを読む

真の料理人は日本の包丁を使うべき!?=「日本の工芸品に及ばないことは認めざるを得ない」「中華料理には中国の包丁が合っている」―中国ネット

14日、中国のポータルサイト・今日頭条が、高い値段であっても日本の包丁を買うべき理由について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は包丁。

Record China
2016年10月17日 9時30分
続きを読む

日本の美食は本当においしいのか?中国ネットが議論=「日本の料理はおいしいけど種類が少なすぎ」「どこの美食であろうと中華料理には及ばない」

18日、中国の掲示板サイトに「日本の美食は本当においしいのか」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年7月19日 22時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング