Record China

ヘッドライン:

中国、「抗日戦争」期間、小中高校の教科書で8年から14年に統一へ―中国紙

配信日時:2017年1月11日(水) 11時30分
拡大
10日、中国教育部が、全国の小中高校で今春以降使う教材に関し、「抗日戦争(日中戦争)」の期間を、従来の1937年から45年までの8年間とする解釈を変更し、31年からの14年間に統一するよう通知を出したことが分かった。

2017年1月10日、中国教育部が、全国の小中高校で今春以降使う教材に関し、「抗日戦争(日中戦争)」の期間を、従来の1937年から45年までの8年間とする解釈を変更し、31年からの14年間に統一するよう通知を出したことが分かった。新京報が伝えた。

従来の教科書で多く採用されていた「八年抗戦」は、日本との全面戦争が始まった37年の「七七事変(盧溝橋事件)」から45年8月15日までを指すもの。今後は31年9月18日夜に現在の瀋陽郊外の柳条湖で関東軍が南満州鉄道の線路を爆破した「九一八事件(満州事変)」を起点とする「十四年抗戦」に統一する。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<ボイス>日本の歴史教科書を批判する中国人よ、自分たちの教科書がいかに都合よく書き換えられたのか認識すべき―中国ネット

30日、日本が2017年4月から使われる高校教科書で、南京事件について大幅に記述を削減したほか、尖閣諸島については日本固有の領土であると記述されたことに中国側は抗議しているが、庶民の間ではさまざまな声が聞かれている。資料写真。

Record China
2016年4月1日 7時50分
続きを読む

ランキング