Record China

ヘッドライン:

105人死亡の炭鉱事故、公開裁判で責任者3人が無期懲役―山西省臨汾市

配信日時:2008年2月25日(月) 19時36分
拡大
24日、死者105人を出した昨年12月の山西省臨汾市での炭鉱ガス爆発事故の公開裁判が行われ、逮捕された17人の炭鉱責任者のうち3人が無期懲役の一審判決を言い渡された。
(1/3枚)

2008年2月24日、山西省臨汾市洪洞県で昨年12月5日、死者105人を出した炭鉱ガス爆発事故の公開裁判が行われ、逮捕された17人の炭鉱責任者のうち3人が無期懲役となった。新京報が伝えた。

その他の写真

この日は大雪の中、1万人以上が傍聴に集まり地元メディアが生放送で中継するなど関心の高さがうかがわれた。昨年12月5日、違法採掘を行っていた洪洞県の新窯炭鉱でガス爆発が発生し、作業員105人が死亡、7人が重症を負い、1人が軽症となった事故の公開裁判。

臨汾市中級人民法院(地裁)は、炭鉱オーナーの王東海(ワン・ドンメイ)、法人代表の王宏亮(ワン・ホンリアン)、現場責任者の孔恵平(コン・ホイピン)の3被告に対し、爆薬の違法売買や安全責任者としての過失など複数の罪状で、無期懲役及び政治的権利の終身剥奪、さらにそれぞれに500万元(約7500万円)、1520万元(約2億2000万円)、22万元(約330万円)の罰金という一審判決を言い渡した。

また、多くの犠牲者を出した瑞之源公司に対しては、爆薬の違法売買、違法採掘、脱税などで罰金1億8500万元(約27億7000万円)。残り14人の被告もそれぞれ刑事処分が言い渡された。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ランキング