ビビアン・スーの名前も!台湾&香港の「民主派」ミュージシャンの楽曲、中国の音楽配信サイトから消滅―台湾メディア

Record China    2017年1月9日(月) 19時10分

拡大

8日、中国の音楽配信サイトやスマホアプリから、「政治思想に問題あり」と名前が挙がった歌手やミュージシャンの楽曲が次々に姿を消している。メイン写真はデニス・ホー。

(1 / 2 枚)

2017年1月8日、中国の音楽配信サイトやスマホアプリから、「政治思想に問題あり」と名前が挙がった歌手やミュージシャンの楽曲が次々に姿を消している。中国時報が伝えた。

その他の写真

香港の日刊紙「明報」が伝えたこところによると、6日以降、中国の音楽配信サイトやスマホアプリからビビアン・スーやボビー・チェン(陳昇)、デニス・ホー(何韻詩)、アンソニー・ウォン(黄耀明)といった歌手やミュージシャンの楽曲が姿を消している。いずれも「台湾独立支持」や「香港民主派支持」に関わる人物として、これまで名前が挙がった顔ぶればかりだ。

台湾や香港のメディアはこのほど、中国に「芸能人55組の封殺リスト」が存在すると報道。今回楽曲が消滅した歌手らはいずれもこのリストに名前があると報じられている。しかし中国文化部の関係者は先日、リストの存在自体を否定していた。

現在、ポータルサイトの網易では、名前が挙がったミュージシャンたちを検索できなくなっている。また、網易の音楽配信サイト「雲音楽」の関係者は、今回の楽曲削除について「詳しいことは分からない」と回答している。(翻訳・編集/Mathilda)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携