Record China

ヘッドライン:

中国環境相、大規模大気汚染で国民に謝罪「いつ改善できるか明確に示すのは困難」―英メディア

配信日時:2017年1月8日(日) 17時20分
拡大
6日、中国環境保護部の陳吉寧部長は記者会見で、中国北部を中心に昨年末から続く深刻な大気汚染について、「責任を感じている」と述べ、国民に謝罪した。写真はスモッグ発生時の上海。

2017年1月6日、中国環境保護部の陳吉寧(チェン・ジーニン)部長は記者会見で、中国北部を中心に昨年末から続く深刻な大気汚染について、「責任を感じている」と述べ、国民に謝罪した。英BBCの中国語ニュースサイトが伝えた。

陳部長は、16年の北京の微小粒子状物質PM2.5の年間平均濃度は15年比9.9%低下し、空気質指数AQIが「優良」か「良」の日の割合は15年に比べて3.1ポイント増加していると一定の成果を強調した一方で、「ここ数年続く冬季の汚染問題は解決されていない。冬季の気象条件は想像以上に不利・複雑だ」と述べた。

「いつになったらきれいな空気になるのか」との質問に対し、陳部長は「タイムテーブルを示すのは難しい」とした上で、「珠江デルタ地域の15年の空気質は概ね基準に達したが、広東省はこの問題の解決に向けた検討を2000年前後から開始している。およそ十数年の時間をかけて現在のような成果を達成した」と答えた。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

北京、大気汚染オレンジ警報を再延長、過去最長の200時間超え―英メディア

4日、中国・北京市は、大気汚染が4段階のうち2番目に深刻な「オレンジ」警報を7日ごろまで延長すると発表した。先月30日から発令されている警報が延長されるのは2度目で、7日まで続いた場合、警報の継続時間は200時間を超え過去最長となる。写真は北京市内。

Record China
2017年1月5日 18時40分
続きを読む

大気汚染が深刻な中国、世界で最も厳しい排ガス規制を発表―中国紙

中国環境保護部や国家質量監督検験検疫総局はこのほど、「軽型自動車(最大設計総重量が3500キロ以下の自動車)排ガス規制値と測定方法(中国第6段階)」を発表した。次期排ガス基準「国6」となり、世界で最も厳しい排ガス規制の一つ。写真は北京の渋滞。

人民網日本語版
2017年1月1日 7時0分
続きを読む

ランキング