Record China

ヘッドライン:

深刻な大気汚染なのにマスクをしない理由=中国人の声

配信日時:2017年1月7日(土) 20時20分
拡大
6日、頭条新聞は記事「重度の大気汚染なのになぜマスクをしないのか」を掲載した。警報が発令するほどの大気汚染でも、かたくなにマスクをしない人がいる。写真は石家荘の大気汚染。

2017年1月6日、頭条新聞は記事「重度の大気汚染なのになぜマスクをしないのか」を掲載した。

中国環境保護部は6日、北京市・天津市・河北省で6日から8日にかけて重度の大気汚染が予測されると発表した。31都市で赤色警報が発令されている。ところが街を歩いていると、これほどの大気汚染にもかかわらずマスクをつけていない人が少なくない。「マナー違反になる」「マスクからホルムアルデヒドが出てくるので体に悪い」などさまざまな理由があるようだ。

以下はネットユーザーの反応。

「原発事故と一緒。ただちに影響はないってやつよ」

「マスクつけるとかつけないとかじゃなくて、汚染を止めてくれ」

「使い捨てのマスクでも一個10元(約168円)ぐらいするわけで。毎日使うのは厳しい」

「バカみたいな記事だよな。汚染解決の方法について報道しろよ。そもそも普通のマスクじゃPM2.5相手には役にたたないし、専用のマスクは高すぎる」

「もう感覚が麻痺しているからね」

「マスクなんて気休めだよ」

「ボクもつけないよ。というのもメガネがあるから。マスクしたら曇っちゃうじゃん」

「マスクつけてないだけでインタビューされるのか。中国北部半端ない」

「ひらめいた!工場の煙突にマスクをつければいいんじゃね?」(翻訳・編集/増田聡太郎

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

北京、大気汚染オレンジ警報を再延長、過去最長の200時間超え―英メディア

4日、中国・北京市は、大気汚染が4段階のうち2番目に深刻な「オレンジ」警報を7日ごろまで延長すると発表した。先月30日から発令されている警報が延長されるのは2度目で、7日まで続いた場合、警報の継続時間は200時間を超え過去最長となる。写真は北京市内。

Record China
2017年1月5日 18時40分
続きを読む

ランキング