2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

上海ディズニーに高額な「割り込み料」が?VIPツアーに他の客から不満噴出―中国紙

配信日時:2018年1月30日(火) 8時50分
上海ディズニーの高額な「割り込み料」が物議―中国紙
画像ID  539752
29日、中国紙・法制日報によると、上海ディズニーランドでアトラクション待ちの行列に並ぶ必要がない高額の「VIPサービス」が物議を醸している。写真は上海ディズニーランド。
2018年1月29日、中国紙・法制日報によると、上海ディズニーランドでアトラクション待ちの行列に並ぶ必要がない高額の「VIPサービス」が物議を醸している。

記事によると、子どもと一緒に上海ディズニーを訪れた女性・陳(チェン)さんが2時間待ちの行列に並んでいたところ、出口から入ってきた一行が陳さん親子の前に割り込んだ。一行が「VIPツアー」利用者であることを知った陳さんは、「VIPツアーは実質『割り込みツアー』で、上海ディズニーが高額の『割り込み料』を取ってサービスするのは他の客の権利を侵害する行為だ」と憤った。

これを受け、法制日報の記者が実際にこの「VIPツアー」に参加。記者によると、3時間で1人2700元(約4万6400円)、6時間で1人3000元(約5万1600円)という2コースがある。入場料とは別料金になっており、どちらもガイドが1人付き、所定のコースであれば好きな時間に並ぶことなくアトラクションを楽しめるという。そこで記者はSNS上で同行者を集め、土曜の午前9時半から6時間コースを利用した。

まず、女性のガイドスタッフからは「これはとても大事なのですが、アトラクションに並んでいる人から文句を言われた場合は、不快な状況が起きないよう、しばらくその場でお待ちください」との注意も事前に受けたという。

そして、実際に2時間40分待ちのアトラクションを訪れると、ガイドは一行を出口からアトラクションの中へ案内。一行が一番良い場所に案内されると、ようやく一般の客が入ってきた。正午のパレードでも、ロープで仕切られたベストポジションが与えられ、「午後3時までに七つの主要アトラクションを制覇することができた」とのことである。

ガイドによると、6時間のVIPツアーは平日20組、休日30組限定だというが、それだけでもかなりの収入になる。記事は「一般の利用客にはVIPツアーに理解を示す人がいる一方で、憤慨する人もいた」と紹介、北京からやって来て2日間のパスポートを購入しながら四つのアトラクションしか利用できなかった男性は「普通に並んでいる客の苦痛を増幅させる。権利侵害だ」と不満をあらわにしたという。

華東政法大学の鐘剛(ジョン・ガン)副教授は「VIPと一般客を一緒にするなら、その旨を利用合意文書上で告知しなければならない。告知がないまま一般客の利益を犠牲にしてVIP客の要求を満たし、しかも利益をむさぼるとなれば、契約違反の疑いが生じる」と指摘。記事によると、チケット裏側の注意事項やウェブサイト上では告知がされていなかったという。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事