台湾、犬猫食べたら最高90万円の罰金、虐待は懲役2年も、罰則強化の改正法案通過―中国メディア

配信日時:2017年4月12日(水) 13時50分
台湾、犬猫食べたら最高90万円の罰金、虐待は懲役2年も
画像ID  539667
11日、台湾では今後、犬または猫を食べた場合、5万台湾ドル以上25万台湾ドル以下(約18万円以上90万円以下)の罰金が科せられることになる。資料写真。
2017年4月11日、台湾では今後、犬または猫を食べた場合、5万台湾ドル以上25万台湾ドル以下(約18万円以上90万円以下)の罰金が科せられることになる。中国台湾網が伝えた。

台湾・聯合報によると、台湾の国会に当たる立法院は11日、動物保護法の改正案を通過させた。

動物を故意に殺害したり傷つけたり、体に深刻な障害を負わせたり、重要な器官の機能を喪失させたりした場合の罰則が引き上げられ、従来の1年以下の懲役または拘留および10万台湾ドル以上100万台湾ドル以下(約36万円以上358万円以下)の罰金から、2年以下の懲役または拘留およびび20万台湾ドル以上200万台湾ドル以下(約72万円以上716万円以下)の罰金となる。

飼い主が自動車やスクーターでリードにつないだペットなどを走らせる行為も違法となる。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事