Record China

ヘッドライン:

中国B級グルメ、日本だけでなく米国でもブーム?人が来すぎて3時間で閉店―米華字メディア

配信日時:2018年11月12日(月) 19時0分
拡大
2018年11月11日、米華字メディア・多維新聞によると、今年日本に上陸して話題になった中国のファストフード・チェーン大手「沙県小吃」 がこのほど、米ニューヨーク市に開店し、客が殺到したため開店から3時間で営業を中止した。

中国のB級グルメとして人気の「沙县小吃」が開店したのは、同市ブルックリン地区の新興チャイナタウン。記事によると、地下鉄の駅やバス停からも近く、人通りの多い交差点にあり、営業時間は午前8時から午後11時で、通勤の行き帰りに立ち寄って食べたり、電話注文して受け取りに来る客が殺到した。当初は午前11時開店にしていたが、あまりに反響が大きいため繰り上げた。店によると「通勤前にちょっと食べていきたい」との声も寄せられたという。

餃子だけで1日1500個の売れ行き。福建省出身の女性客は、店の前を偶然通りかかり開店を知ったそうで「故郷の味がこんなに近くで味わえるなんて素晴らしい。記憶の中の味とまったく同じだわ」と喜んでいたという。(編集・翻訳/大宮)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

人気のグオクイは食べ歩きにぴったりのB級グルメ!

「小吃」は主に小さな店や屋台で食べる料理で、手軽に食べることができ、また値段も安い。地方によって、地元ならではの「小吃」があるので、日本でいうところのB級グルメにあたる。人気のあるジャンルで、レストランのメニューにもある。

フライメディア
2017年12月11日 21時20分
続きを読む

小籠包の本場「南翔」は上海市内からも便利なアクセスで週末のプチ観光!梅の花も開花、一足早い春を満喫!

上海で小籠包といえば、豫園の名店「南翔饅頭店」がいつ訪れても行列ができていると有名だが、実は小籠包の本場「南翔」は地下鉄が開通していて上海市内からも気軽にアクセスできる。3月は周辺に位置する「古猗園(こきえん)」の梅の花も見どころ。

フライメディア
2017年3月8日 15時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング