Record China

ヘッドライン:

文大統領が国連に提訴される?=韓国ネットから反発の声

配信日時:2020年7月2日(木) 14時20分
拡大
2日、韓国・国民日報によると、北朝鮮に向けてビラをまいた疑いで警察の取り調べを受けている脱北者団体「自由北朝鮮運動連合」の朴相学代表が「文在寅大統領を国連に提訴する」と表明した。写真は国連。

2020年7月2日、韓国・国民日報によると、北朝鮮に向けてビラをまいた疑いで警察の取り調べを受けている脱北者団体「自由北朝鮮運動連合」の朴相学(パク・サンハク)代表が「文在寅(ムン・ジェイン)大統領を国連(UN)に提訴する」と表明した。

記事によると、朴代表は文大統領について「金正恩(キム・ジョンウン)と金与正(キム・ヨジョン)側に立って韓国国民の口をふさぎ、表現の自由をはく奪しようとしている」と主張し、「なぜ韓国社会で生きるため命を懸けてやってきた弱者の脱北者側ではなく、殺人鬼、強盗側に立つのか」と批判した。また、文大統領に対する国連人権委員会への提訴を「米国のNGOと共に準備している」と明らかにした。

「自由北朝鮮運動連合」は先月22日、「大型風船20個を使って北朝鮮に向けてビラを飛ばした」と発表し、「警察の監視をくぐり抜けるため、一般会員が個別でビラを飛した」などと説明していた。一方、韓国統一部は同11日、同団体の北朝鮮に向けたビラやペットボトルの散布行為についてソウル警察庁に捜査を依頼。朴代表は同30日に警察庁に被疑者として出頭し、南北交流協力法違反などの疑いで取り調べを受けていた。

これに韓国のネットユーザーからは「朴代表1人の表現の自由より国民の安全の方が大事」「自由には責任が伴うもの。意味のない行為で混乱を引き起こさないでほしい」「韓国に不満があるのなら北朝鮮に行って思う存分ビラをまいたらいい。その方が効果が高いよ」「朴代表が一国の大統領を提訴すると騒いでいること自体が、十分過ぎる表現の自由を持っている証拠だ」など反発の声が上がっている。

一方で「正しい発言だ。北朝鮮にひどい扱いを受けているのに、『米朝会談に向け努力する』と言う文大統領が情けないよ」「提訴すべき。こんなの民主主義と言えない」と擁護する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

関連記事

ランキング