<コラム>今の日本人が欠落していること、儒学から見る天下の治め方

配信日時:2018年10月29日(月) 9時40分
今の日本人が欠落していること、儒学から見る天下の治め方
画像ID  538812
昔の中国人は、人間関係の基本は「大学」の「修身斉家治国平天下」だと言った。「修身斉家治国平天下」に対して、私の考えを今回は述べていきたい。資料写真。
昔の中国人は、人間関係の基本は「大学」の「修身斉家治国平天下」だと言った。この意味は次のとおりだ。「天下を平らか(たいらか)に治めるには、まず自分のおこないを正しくし、次に家庭をととのえ、次に国を治めて次に天下を平らかにするような順序に従うべきである」。すなわち、身を修め、家を斉える(ととのえる)ことができれば国が治まると言った。この「大学」は紀元前5世紀頃に書かれた本だから、当時は竹に書かれていた。だから、詳しい解説はない。

それではこの「修身斉家治国平天下」に対して、私の考えを今回は述べていきたい。「自分のおこないを正しくする」ということはどういうことだろうか。「仁義礼智信」の「義」が「正しい行い」を意味するが、ここではそうではない。自分の行いを正しくすると言う言葉通りの解釈がこの「修身」を意味しているのではないように思う。

その理由は次に来る「家庭をととのえ」と言う言葉があるからだ。「家庭をととのえる」ということはどういうことだろうか。私はこの言葉は取りも直さず、妻の理解を得るということだと思う。ここで言う「斉家」とは家庭のことを言っているのだが、その中心は妻である。その妻からどのようにして信頼されるかである。

日々生活をしていて、最も身近な存在がこの妻である。昔の人はこの妻から信頼されれば国が治まると言ったのである。実はこの妻が曲者である。女だからだ。孔子は女のことを次のように言っている。

子曰く、唯(ただ)女子と小人とは養い難しと為す。これを近づくれば則(すなわ)ち不孫(ふそん)なり。これを遠ざくれば則ち怨む(陽貨第十七の二十五)。意味は以下のとおり。

孔子がおっしゃいました。女と取るに足らぬ男は扱いにくい。親切にすれば調子に乗るし、親切にしなければ恨まれる。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/10/29 18:31)

    儒教にも良いところがあるだろうが、明治以降の日本で儒教が廃れたのは〈男尊女卑〉や〈身分制度〉の考え方が西洋世界と交流には相応しくないと判断したからである。 >女子と小人とは養い難し 女子や小人(身分の低いもの)でも大統領になれるのが西洋世界である。江戸時代のような〈閉鎖社会〉なら儒教も有効だっただろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/10/29 11:54)

    日本は内助の功の国なので、妻が重要というのはその通りだけど、「正しく夫を操れる女性」が重要だと思うんだよね。そういう女性は本当に少なくなったけど。 男なんて単純なもので、心身ともに疲れてくると妻に癒やして欲しい。「貴方なら出来る」と言われればその言葉だけで頑張れる。 日本社会が上手く行かなくなったのは、そういう「機微」を備えた「良妻賢母」が少なくなったからじゃないかな、とは思うけどね。 まあ、女性だけに責任を求めてしまうのは間違ってもいるが、事ある毎に「女性の権利」を主張するのもいいが、「良妻賢母」たらんと努力して欲しいとも思う。 男はそういう良妻を妻に出来るのなら、出来る限り妻に感謝を忘れない事だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事