Record China

ヘッドライン:

<驚>日本アニメは海賊版で見るしかない?!外国アニメ規制を再強化―中国

配信日時:2008年2月20日(水) 12時40分
拡大
14日、中国当局は「テレビアニメ放送管理に関する通知」を発表、今年5月より外国アニメ規制を強化すると発表した。写真は上海市で行われたコスプレ大会。
(1/9枚)

2008年2月14日、国家ラジオ映画テレビ総局(広電総局)は「広電総局によるテレビアニメ放送管理に関する通知」を発表、今年5月1日より外国アニメ規制を強化することを発表した。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

中国ではアニメ産業育成及び青少年への影響の観点から外国アニメの放送に厳しい規制を実施している。同通知は午後5時から9時までの海外アニメ放送禁止時間を午後10時までと1時間延長し、同時間帯には必ず中国の国産アニメ、あるいは子供番組を放送することを義務づけた。海外企業と中国企業の共同制作作品の放送については広電総局の認可が必要とされている。またアニメの放送時間の内外比率を7対3とする規定の徹底を命じている。

広電総局によると、昨年の中国産アニメは186本、合計時間は10万1900分に達した。また広電総局推奨の優秀国産アニメ33本が選出され、多くのファンからの支持を受けたとしている。しかし、中国では日本を始めとする海外アニメは海賊版市場で流通していることが多く、今回の規制の実質的な効果を疑問視する声もある。(翻訳・編集/KT)

ランキング