Record China

ヘッドライン:

日本の若者に聞いてみた!「中国は世界トップの国になる?」=中国人が驚いた回答の中身とは?

配信日時:2016年12月18日(日) 7時30分
拡大
17日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国が米国に代わって世界トップの国になれるかどうかについて、日本の若者にインタビューする動画記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2016年12月17日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国が米国に代わって世界トップの国になれるかどうかについて、日本の若者にインタビューする動画記事が掲載された。

動画では、複数の日本の若者に対して、中国が米国に代わって世界トップの国になれるかを尋ねている。回答者からは、中国が米国に代わって世界トップになれるという意見となれないという意見でほぼ半数ずつだった。回答者はそれぞれその理由についても答えている。

しかし、米国に代わって世界トップになるとしたら、いつ頃そうなると思うかという質問に対しては、すぐには無理でしばらく時間がかかるとの意見が大半を占めた。

また、中国が世界トップになった場合、日中関係と日米関係のどちらが重要になると思うかとの質問には、日中関係と日米関係とで意見が割れた。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人はやっぱり民度が高いな。言っていることが理性的だ」

「インタビューを受けている女子学生のレベルはずいぶん高いな。非常に客観的だ」

「客観的に言えば、日本に追いつくのに50年かかり、米国に追いつくのに1世紀かそれ以上かかる」

「中国人の1人として責任をもって言っておく。米国を超えることは絶対に無理」

「中国が米国を超えることはあり得ないよ。そんなことを考える人は愚か者だ」

「道徳が退廃し、価値観が歪曲した、正義も公平さもない国が世界のトップになれるわけがない」(翻訳・編集/山中)

レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

関連記事

米国を脅かす「5つの脅威」、対中・対露関係も―米シンクタンク

11日、米シンクタンクのランド・コーポレーションはこのほど発表した報告書で、米国を脅かす「5つの脅威」として、北朝鮮の核問題、対ロシア関係、対中国関係、過激派組織「イスラム国(IS)」、インターネットの安全問題を挙げた。写真は米ホワイトハウス。

Record China
2016年10月12日 0時50分
続きを読む

<中国とどうつきあうか(1/4)>日米中関係、21世紀の国際秩序を左右=米国の「覚悟」と日本の「補強」が必要―代表的専門家3氏が提言

中国の最近の台頭により、戦後の米国中心の国際秩序が大きく揺らいでいる。五百旗頭真アジア調査会会長、宮本雄二元駐中国大使、川島真東京大学教授が、「中国とどうつきあうか―日米中のこれから」をテーマに、記者会見した。写真は左から川島氏、五百旗頭氏、宮本氏。

八牧浩行
2016年8月31日 4時50分
続きを読む

ランキング