Record China

ヘッドライン:

中国の論文被引用回数、8学科で世界2位に―中国メディア

配信日時:2016年12月16日(金) 19時0分
拡大
中国の論文が引用された回数が物理学科でも世界2位になった。資料写真。

科技日報によると、中国の論文が引用された回数が物理学学科でも世界2位になった。

国家自然科学基金委員会党組書記、主任の楊衛氏は13日に開かれた国家自然科学基金管理工作会議で「中国は今年、さらに物理学科でも被引用回数が世界2位となり、これで世界2位の学科が7学科から8学科に増加した」と述べた。

また、「科学基金などの科学技術計画による資金援助を受け、中国の基礎研究は近年、鉄系超伝導物質、ニュートリノ振動、異常量子ホール効果、多自由度の量子テレポーテーション、鳥類の起源の研究などで、世界的に重大な影響力を持つ研究成果を手にしている。スパコン、トンネルシールドなどの面から、国家革新駆動形発展を力強く支えている」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナでは在宅翻訳者コラムニスト中国語ガイドを募集しています。

関連記事

この分野では中国が日本に圧勝!=「中国の科学技術の未来に自信を持てた!」「こんなにもすごいのになぜ自動車エンジンが造れない?」―中国ネット

13日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国が日本に圧勝している分野について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年12月14日 10時30分
続きを読む

中国は日本を超えてアジア一の科学技術国になった!?=中国ネット「日本が20年熟睡しても追いつけない」「韓国ならこう報じる…」

9日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国は日本を超えてアジア一の科学技術国になったとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年12月10日 7時50分
続きを読む

「小保方晴子氏の事件が起きるまでは天国だった…」=理研に勤める中国人学者が見た日本の研究環境―中国メディア

日本で最高峰の科学研究機構である国立研究開発法人・理化学研究所(理研)で長年働いている研究者・凌楓さんは、日本の科学研究の環境を熟知しており、彼の研究の経験や感じていることなどを通して、日本のこれまでの科学研究と現状をのぞいてみよう。

人民網日本語版
2016年11月2日 7時50分
続きを読む

韓国がうらやむ、ノーベル賞続出の日本が抱えた“幸せな悩み”=韓国ネット「韓国人もせっかちを治せば…」「公正じゃないノーベル賞はなくすべき」

19日、韓国・聯合ニュースは、自然科学分野におけるノーベル賞受賞者22人を輩出した日本で「数十年後には受賞者を出せなくなる」との指摘が出ているとし、同分野の受賞者がいない韓国にとっては「幸せな悩み」だと伝えた。資料写真。

Record China
2016年10月23日 7時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング