2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

チャウ・シンチー×ツイ・ハークの名匠コラボも話題!「西遊記〜はじまりのはじまり〜」続編が1月公開―中国

配信日時:2016年12月8日(木) 16時20分
チャウ・シンチー×ツイ・ハークの名匠コラボ!西遊記映画が1月公開
画像ID  536749
7日、チャウ・シンチー監督のヒット作「西遊記〜はじまりのはじまり〜」の続編となる「西游・伏妖篇」が、中国で1月28日から公開される。写真はチャウ・シンチー(左)とツイ・ハーク(右)。
2016年12月7日、チャウ・シンチー(周星馳)監督のヒット作「西遊記〜はじまりのはじまり〜」の続編となる「西游・伏妖篇」が、中国で1月28日から公開される。人民網が伝えた。

その他の写真

2013年公開の「西遊記〜はじまりのはじまり〜」は、同年の年間興行収入で1位となる12億4600万元(約206億円)を記録したメガヒット作。続編の「西游・伏妖篇」が旧正月の元旦を迎える1月28日から一般上映される。

「西遊記〜はじまりのはじまり〜」は香港のコメディースターでもあるチャウ・シンチー監督の作品だが、続編ではエグゼクティブ・プロデューサーに回った。メガホンを取ったのはツイ・ハーク(徐克)監督で、名匠2人のコラボも注目点の一つだ。

タイトルの示すとおり「西遊記」の世界を描く作品だが、続編はメーンキャストの顔ぶれを一新。唐僧こと三蔵法師役に韓流グループEXOの華人メンバーだったクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)、孫悟空役には中国の人気若手俳優リン・ゴンシン(林更新)が起用されている。このほか、チャウ・シンチー監督の前作「美人魚」でヒロインを演じたリン・ユン(林允)、ブログ女王としても知られるヤオ・チェン(姚晨)らが出演する。

ナンセンスで脱力系のコメディーが特徴的なチャウ・シンチー作品だけに、西遊記の定番キャラたちも全く新しい個性的な魅力をプラス。三蔵法師役のクリスは、「今までのイメージとは違い、本当にいろんな顔を持つ人物。ギャップを感じて楽しんでほしい」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda
<在宅翻訳者募集>
日本語ネイティブ、中国語ビジネスレベルの在宅ニュース翻訳者(中国語→日本語)を募集しています。履歴書をお送りください。応募はこちら

<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事