Record China

ヘッドライン:

中国の大気汚染は世界最悪、改善には29兆円必要―香港紙

配信日時:2016年12月8日(木) 14時0分
拡大
7日、中国環境保護部の専門家は「あらゆる大気汚染物質と二酸化炭素の排出量は、中国が世界一だ。汚染はかつてなく深刻になっている」と述べた。写真は北京の大気汚染。

2016年12月7日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国環境保護部の専門家は「あらゆる大気汚染物質と二酸化炭素の排出量は、中国が世界一だ。汚染はかつてなく深刻になっている」と述べた。

同部環境企画院の専門家、王金南(ワン・ジンナン)氏がこのほど開かれた環境フォーラムで認めたもの。王氏は北京市、天津市、河北省の大気汚染が世界で最も深刻だと説明。中国が年内に汚染改善目標を達成するには、今後1兆7500億元(約29兆円)規模の投資が必要であり、資金不足であれば大気汚染はますます深刻化するとした。

王氏によると、北京市、天津市、河北省では大量の汚染物質が排出されており、超微粒子物質PM2.5の濃度も上昇している。同地域では視界が平均50キロ前後まで低下しており、世界で最も悪い状態だという。王氏は「中央政府による積極的な資金投入が必要だ」と語った。(翻訳・編集/大宮)

<在宅翻訳者募集>
日本語ネイティブ、中国語ビジネスレベルの在宅ニュース翻訳者(中国語→日本語)を募集しています。履歴書をお送りください。応募はこちら

<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

絶滅危惧種が堂々と売られている韓国、政府は取り締まりを放棄?=韓国ネット「近所のスーパーでも普通に売られている」「まだ先進国にはなれない…」

4日、韓国メディアによると、絶滅危惧種に指定されているリクガメなどがソウルで堂々と売られているが、韓国政府は事実上、取り締まりを放棄していることが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はイグアナ。

Record China
2016年10月6日 9時40分
続きを読む

ランキング