Record China

ヘッドライン:

日本には中国が必要、米国が頼れない今、日中関係は日本にとって最も重要な存在―シンガポール紙

配信日時:2016年12月8日(木) 7時50分
拡大
6日、シンガポールのザ・ストレーツ・タイムズ紙は記事で、「米国ファーストを掲げるトランプ氏が大統領に当選した今、日本は日中関係を重視すべき」と指摘した。資料写真。

2016年12月6日、シンガポールのザ・ストレーツ・タイムズ紙は記事で、「米国ファーストを掲げるトランプ氏が大統領に当選した今、日本は日中関係を重視すべき」と指摘した。

日本は中国に対し固定観念を持っており、偏見と軽視が存在する。近年中国との関係が芳しくないこともあり、日本は米国との関係を強化し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)よりも環太平洋経済連携協定(TPP)を重視している。

ただ、トランプ氏はTPPから離脱する姿勢を表明しており、選挙期間中には米軍駐留費を増額しなければ日本から撤退すると発言している。米国の保護が期待できない中、日本にとっても最も重要な国は中国であり日中関係は最も重要な外交関係となる。中国とは対等な協力関係を築くべきだろう。米中関係や中台関係に注目する傾向があるが、日中関係こそ最もコントロールが難しい。(翻訳・編集/内山

<在宅翻訳者募集>
日本語ネイティブ、中国語ビジネスレベルの在宅ニュース翻訳者(中国語→日本語)を募集しています。履歴書をお送りください。応募はこちら

<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本人は中国人をどう評価してる?インタビュー動画が登場=「日本人は理性的」「言っていることはとても客観的だと思う」―中国ネット

27日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人に中国人をどのように評価しているのか、インタビューした動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年11月28日 2時0分
続きを読む

日清戦争後に日中融和を説いた貴族院議長がいた!「近衞篤麿とその時代―明治アジア主義」シンポジウム、10日に立命館大で開催

シンポジウム「近衞篤麿とその時代―近衞篤麿と明治アジア主義」が12月10日に京都市の立命館大学で開催される。中国はじめ東アジアの融和の重要性を唱えた近衞篤麿の軌跡は、日中関係はいかにあるべきかとということを我々に問いかけている。写真は近衞篤麿。

八牧浩行
2016年12月2日 14時50分
続きを読む

「南京大虐殺を悼むのになぜ日本の折り鶴なのよ!」=いつも優しい先生の怒鳴り声に、私はショックを受けた―中国人学生

過去の歴史は中国の人々の心に依然として暗い影を落としている。日本語を学ぶ学生への風当たりも強いが、それでも常州大学の陳さんのように日中関係の好転を信じている若者もいる。写真は折り鶴。

日本僑報社
2016年12月3日 7時40分
続きを読む

ランキング