Record China

ヘッドライン:

韓国、国際結婚した世帯の小中高校生、過去10年で10倍増=親の国籍別で日本3位―中国メディア

配信日時:2016年12月6日(火) 8時40分
拡大
5日、韓国で国際結婚した世帯など「多文化家庭」の小中高校生の数がこの10年間で約10倍増えたことが分かった。写真はソウル。

2016年12月5日、韓国で国際結婚した世帯など「多文化家庭」の小中高校生の数がこの10年間で約10倍増えたことが分かった。環球網が伝えた。

韓国教育部が4日発表した統計によると、多文化家庭の児童・生徒数は今年、9万9186人となり、2006年の9389人から約10.5倍増えた。こうした児童・生徒が児童・生徒全体に占める割合は、06年が0.12%だったのに対し、今年は1.68%となっている。

教育部関係者によると、小中高校生の数が急減している中、多文化家庭の6歳未満の子どもの数は12万人に達しており、こうした子どもが児童・生徒全体に占める割合は今後も増え続けるとみられる。

親の出身の国籍はベトナムが24.2%で最も多く、中国(21.3%)、日本(13.0%)、フィリピン(12.4%)と続いた。また韓国系中国人(朝鮮族)は12.4%だった。(翻訳・編集/柳川)

中国富裕層向けの「オーダーメイドツアー」を展開予定!
中国語堪能でガイド資格をお持ちの方を大募集!詳細はこちら

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国人の国際結婚が様変わり、中国・ベトナムが急減、日本人妻が増加=韓国ネット「歴史問題さえなければ日本人女性が一番」「国際売買婚はやめよう」

27日、韓国人の国際結婚で、中国人やベトナム人配偶者が急減する一方、日本人や米国人が増えていることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は韓国のカップル。

Record China
2015年7月27日 22時12分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング