Record China

ヘッドライン:

韓国アシアナ機、離陸間際に操縦士2人が殴り合いの大げんか=韓国ネット「勝った方が操縦する権利を得る」「これが韓国の問題点」

配信日時:2016年12月3日(土) 17時10分
拡大
2016年12月3日、韓国のテレビ局SBSによると、離陸を控えたアシアナ航空機の操縦室内で操縦士2人が殴り合っていたことが明らかとなった。

2日午前11時、仁川空港から米ニューヨークに向かう予定のアシアナ機が1時間以上遅れて出発した。原因は操縦室内で操縦士2人がけんかしたこと。けんかの理由はまだ明らかにされていない。2人とも軍用ヘリコプターを操縦していた元軍人で、1人は病院に運ばれるほどのけがを負ったという。

ところが、アシアナ航空はこうした騒動があったにもかかわらず、もう1人の操縦士にそのまま操縦を任せた。幸い同機は約14時間のフライトの後、無事ニューヨークに到着したが、心理面などを考えるとリスクがあったと言えそうだ。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「2人ともパイロット免許を取り消せ」
「2人とも軍人出身だったというのがキーポイントだ。韓国の軍隊文化に問題がある」

「戦って勝った方が操縦する権利を得たということか」
「どんなシチュエーションだったのかよくわからないけど、コメディー番組の一場面を想像する」

「操縦室で乱闘を繰り広げた者が、多くの乗客を乗せた航空機を操縦するなんてことがあり得るのか?」
「パイロット自身の問題以前に、アシアナ航空のパイロット管理システムの問題の方が大きいと思う」

「こんなことをしてしまうのが韓国の問題点」
「この事件は多くの事を示唆している。ストレス受ける職業である操縦士、裁判官、検事、刑事などは定期的に精神科の診断や相談を受ける制度が必要だ」(翻訳・編集/三田)
中国富裕層向けの「オーダーメイドツアー」を展開予定!
中国語堪能でガイド資格をお持ちの方を大募集!詳細はこちら

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

なぜ?大韓航空のチケットを買ったのに、乗ったらLCC機=韓国ネット「不買運動をしよう」「この国では大企業が詐欺を働くのは合法なのか?」

2日、SBSテレビは、一般航空会社のチケットを購入したはずが、いざ搭乗してみたらLCC(格安航空会社)の機体だったという、消費者にとっては何とも納得のいかない事例が実際に起こっていると報じた。写真は大韓航空機。

Record China
2016年8月4日 7時20分
続きを読む

大韓航空機に続いてアシアナ航空機でもタイヤパンク事故=韓国ネットは不安「韓国の航空会社は問題が多い」「安全不感症が原因!」

2日、韓国メディアによると、先月29日に起きた大韓航空機のタイヤパンク事故に続き、アシアナ航空機でも先月27日にタイヤの事故が起きていたことが明らかとなった。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はアシアナ航空機。

Record China
2016年8月2日 14時30分
続きを読む

エンジンから出火した韓国アシアナ航空機、乗客に「別の飛行機」と偽り運航=韓国ネット「そんな恐ろしいことが?」「やっぱり韓国は詐欺天国」

28日、韓国・アシアナ航空が、離陸直前に航空機のエンジンから出火したにもかかわらず、乗客らに「別の飛行機を用意する」と案内した後、同じ飛行機に乗せていた事実が明らかとなった。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はアシアナ航空機。

Record China
2016年6月28日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング