Record China

ヘッドライン:

米中の宇宙開発競争が激化、真の「勝ち組」は日本―米メディア

配信日時:2016年11月30日(水) 6時10分
拡大
2016年11月29日、ブルームバーグは、米中の宇宙開発競争が激化する中、最大の勝ち組になるのは日本だと指摘した。環球時報(電子版)が伝えた。

米中が史上初の火星有人探査の実現で火花を散らしている。一方、宇宙探査で実績のある日本は別の道を進んでいる。低コストでの探査を実現することで、宇宙での任務をより有意義にしようとしているのだ。

日本の宇宙開発予算は米航空宇宙局(NASA)の10分の1に過ぎない。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究はNASAより実用的だ。例えば地殻変動を衛星から観測して火山の爆発、地震の予知研究に用いたり、宇宙観測をがんの治療薬開発に結びつけたりしている。日本の目標は「火星に到達」ではないのだ。

英メディアは「日本は限られた予算の中、科学技術、宇宙開発分野で多くの成果を挙げている」と伝えている。(翻訳・編集/大宮)
中国富裕層向けの「オーダーメイドツアー」を展開予定!
中国語堪能でガイド資格をお持ちの方を大募集!詳細はこちら

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「韓国軍によるベトナム民間人虐殺を謝罪しよう!」韓国の政党・市民団体が訴え=韓国ネット「なぜ自ら許しを請う?」「日本から謝罪を受けるため…」

28日、韓国メディアによると、韓国の政党と市民団体が、「1960年代のベトナム戦争時に韓国軍がベトナムの民間人を虐殺した事実を認め、謝罪しなければならない」と主張した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

Record china
2016年11月29日 17時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング