Record China

ヘッドライン:

建築から600年たった故宮の壁に倒壊の危険性、初の大規模修復がスタート―中国

配信日時:2016年11月28日(月) 13時0分
拡大
26日、故宮の城壁は構築から600年ほどの時間が経過していることから倒壊の危険性が指摘されており、26日に大規模な修復事業がスタートした。写真は故宮。

2016年11月27日、京華時報によると、中国の首都・北京にある故宮(紫禁城)の城壁は構築から600年ほどの時間が経過していることから倒壊の危険性が指摘されており、26日に大規模な修復事業がスタートした。

北京の故宮は明代の永楽18年(1420年)に建設され、その壁は中国最大規模。整った状態で保存された王宮城壁で、中国の築城史上重要な存在となっている。修復は考古学的な検証に10年かけ、基礎施設から大規模な修復を行い、600年前の建設当時の姿を取り戻すという。

中国は城壁構築に長い歴史があり、明清の時代に構築技術は頂点に達した。故宮の城壁は、長さ3437.6メートル、上部の壁幅は6.63メートルあり、高さは9.3メートル。突き固めた土を土台に、れんがを組んだ構造で、城門には櫓(やぐら)などが建っている。

壁面には長年の風雨などによる劣化が生じており、ひびや膨張しているところは随所に見られ、しっくいが流れ落ちてしまった部分も少なくないという。土台の土の流失や草木による浸食もあり、専門家はこの状態のままでは危険性が高いと指摘、修復は一刻の猶予もならないとしている。(翻訳・編集/岡田)

中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

最先端トンデモ緑化技術再び=ペンキ一塗りではげ山があっという間に緑の山に―中国

2日、金羊網は陝西省渭南市華県のとんでもない緑化技術を取り上げた。鮮やかな緑ははげ山にペンキを塗ったもの。間違った緑化にしか思えないが、現地政府担当者は「最も先進的な緑化方法だ」と胸を張っている。写真は07年に話題となった雲南省富民県の緑化された山。

Record China
2010年9月3日 11時59分
続きを読む

韓国ネットが「さすが日本」と2度驚いた博多の陥没、1週間で元通り=「まるで穴なんてなかったみたい」「技術もすごいけどさらに立派なのは…」

15日、福岡市のJR博多駅前で陥没した道路の復旧が約1週間の作業を経て完了した。この現場の様子を韓国メディアが報じ、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。写真は陥没発生時(左)と復旧後の現場。

Record China
2016年11月15日 19時40分
続きを読む

韓国の伝統家屋村、地震復旧に偽物の瓦を使い「古都の品格に傷」=韓国ネット「韓国のやることだから…」「今後の地震にはこの方が安全かも」

9日、韓国・中央日報によると、相次いで地震・台風被害に遭った慶尚北道・慶州の伝統家屋・韓屋村の復旧作業が進んでいるものの、資金不足で間に合わせの素材が使われるなど、古都の品格に傷が付くとの懸念の声が上がっている。写真は慶州の伝統家屋。

Record China
2016年11月10日 7時10分
続きを読む

博多は道路が陥没、中国は成都市が丸ごと沈下=関係者が原因を語る―中国メディア

9日、福岡市のJR博多駅前の道路で8日大規模な陥没が発生し、現在も復旧作業が続けられている。道路の陥没は中国でもたびたび発生しており、過去に何度も道路が陥没した四川省成都市では、市全体が沈下しているという。写真は今年3月に成都市で起きた道路陥没。

Record China
2016年11月9日 17時0分
続きを読む

ランキング