明・清王朝の冶金技術が明らかに、湖南省で古代冶金遺跡群を発見―中国

配信日時:2016年11月22日(火) 23時30分
明・清王朝の冶金技術が明らかに、中国湖南省で古代冶金遺跡群を発見
画像ID  534746
このほど、ある考古学者が中国湖南省桂陽県内で大規模な古代冶金遺跡群を発見した。
このほど、ある考古学者が中国湖南省桂陽県内で大規模な古代冶金遺跡群を発見した。北京日報が伝えた。

現在まで15カ所の遺跡の存在が確認されている。そのうちの桐木嶺、■嶺下(■はこざとへんに走)などの遺跡の広範な発掘作業により、考古学者は比較的整った古代多金属冶金場を発見した。これにより明・清王朝の湖南地区における、銅・亜鉛・鉛・銀などの鉱物の加工・冶金技術が明らかになった。(提供/人民網日本語版・編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事