Record China

ヘッドライン:

たばこを吸っていたら突然爆発、中国の男性、耳の神経が損傷―山西省

配信日時:2016年11月21日(月) 0時0分
拡大
20日、中国・山西省大同市で先日、火を付けたたばこが突然爆発し、男性が病院で治療を受けるトラブルが起きた。資料写真。

2016年11月20日、中国・山西省大同市で先日、火を付けたたばこが突然爆発し、男性が病院で治療を受けるトラブルが起きた。山西晩報が伝えた。

今月4日、雀荘でマージャンを打っていた男性は、店の店主にたのみ近くの売店からたばこを購入した。男性がたばこに火を付け吸い始めて間もなく、手に持っていたたばこが突然爆発。その後男性は聴力が明らかに低下し、耳鳴りが続いた。10日に病院へ行くと、右耳の神経に損傷があるとの診断を受けたという。15日になっても症状は改善せず、男性は治療を続けた。

男性によると、爆発したたばこのかけらは爆竹のような形状で、たばこを販売した売店は商品を製造していないため賠償を拒否している。これについて同市の関連部門は19日、「通報を受け売店に職員を派遣した。売店はたばこの販売許可を持っていなかった」と説明し、「問題解決には警察の調査が必要」と男性に警察への相談を提案している。(翻訳・編集/内山

中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

天津爆発事故、現場倉庫管理会社会長に死刑判決、軽すぎると批判の声も―中国

10日、昨年8月に中国・天津市浜海新区で173人が死亡・行方不明となった爆発事故で、天津市の裁判所は9日、爆発した倉庫を運営していた「瑞海国際物流公司」の会長に対し、危険物を違法に保管した罪などで死刑判決(執行猶予2年付き)を言い渡した。

Record China
2016年11月11日 11時30分
続きを読む

ランキング