Record China

ヘッドライン:

6年間スタバで同じサイズのコーヒーを買っているのに、毎回サイズアップするか聞かれる男性が中国で話題に

配信日時:2016年11月18日(金) 7時30分
拡大
16日、中国紙・都市快報は6年間スターバックスで同じサイズのコーヒーを買っているのに毎回サイズアップを聞かれる男性について紹介した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国のスターバックス。

2016年11月16日、中国紙・都市快報は6年間スターバックスで同じサイズのコーヒーを買っているのに毎回サイズアップするか聞かれる男性について紹介した。

杭州に住むこの男性は、同じ店舗のスタバを毎回利用し、いつもTallサイズのコーヒーを注文しているのに、店員は毎回必ず「本当にTallでいいのか?」、「Tallは一番小さいサイズですよ」と2回確認されるという。

男性は年間25杯以上購入が条件のゴールド会員で、しかも専用アプリから支払いをしているので、店員はこの男性が常連客で何を注文するか知っているはずだと主張。「6年間我慢してきたが、今日は一つ言わせてもらう。今後は私の注文するサイズを疑わず、むしろ最初にTallを薦めるようになってもらいたい」と話した。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「店員もそれが仕事だからな。理解してあげなよ」

「コーヒーなんておいしいのか?飲むとのどが詰まる。やっぱりお茶の方がいい」

「きっとこの人は店員の勤務年数より長くスタバに通っているのだろう」

「チェーン店なんてどこも同じだろ。店員は頻繁に変わるしサービス意識が低い」

「俺も毎回、アメリカンコーヒーでいいのですか?とても苦いですよ?と確認される」

「6年間サイズアップを尋ねられてもスタバに行くこの人の方がすごい」(翻訳・編集/山中)

中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

訪日韓国人、日本のスタバでハングルのもてなしに感激=韓国ネット「“わさびずし”のせいで日本全体が害を被る」「みんなが嫌韓なわけじゃない」

5日、日本を訪れた韓国人旅行者がスターバックスコーヒーの店舗で受けた「もてなし」をインターネットで紹介し、話題を集めている。写真はネットで紹介されたハングルのメッセージ入りカップ。

Record China
2016年10月9日 20時40分
続きを読む

中国のカフェは味よりも個性を追求?おしゃれカフェが続々登場、上海のカフェブームがすごい!

近年になりコーヒーブームが本格化している中国。「朝のコーヒー1杯」も上海のおしゃれな若者のステータスとして定着してきた。そして上海のいたるところにカフェがあり、本来のコーヒーを飲むという目的以外に待ち合わせやビジネス場としても人気が高い。

フライメディア
2016年9月1日 14時40分
続きを読む

ランキング