Record China

ヘッドライン:

楽天はTHAAD配備に加担する韓国企業?中国人が勘違いしたワケ

配信日時:2016年11月17日(木) 18時40分
拡大
2016年11月16日、捜狐体育は、サッカーの世界的ビッグクラブ・FCバルセロナが楽天と4年258億円でスポンサー契約を結んだことを伝えた。

バルセロナのユニホームの胸部分のスポンサーにはカタール航空が起用されていたが、来年に契約が切れるため、スポンサーを探していた。これまで、日本の楽天や米国のアマゾンなどの名前が挙がっていたが、数日前にはスペイン紙が「中国EC最大手のアリババグループが内定した」と報じていた。

ところが、バルセロナは16日にクラブ公式サイトで楽天とスポンサー契約を締結したことを発表。契約は2017−18シーズンから4年間で、契約料は年間5500万ユーロ(約64億5000万円)。リーグや大会で優勝した場合にはボーナスが支払われるという。

記事は、「日本企業がアリババをKO」との見出しを付け、スペイン紙の報道を引用する形で「アリババは確かに興味を持っていたが、金額の面で合意に至らなかった。アリババとの契約がなくなったことで、楽天が浮上した。楽天はサッカー史上最高額でスポンサー契約を結んだ」などと伝えた。

中国のサッカーファンからは、「今後4年間は(バルセロナの)ユニホームは買わない」という声がある一方、「この結果は良かった」「少なくともアリババのロゴよりはかっこいい」「楽天で良かった。偽物が大量に流通する企業では、バルセロナの世界でのイメージを汚してしまう」など、好意的な声も少なくない。

また、中国語で「楽天」は「ロッテ」を表すことから、「“楽天”って韓国軍と一緒にTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備しようとしている企業か?」との勘違いも生じている。韓国が導入する予定のTHAADはロッテグループ系列会社のゴルフ場に配備する方向で調整が進んでいる。(翻訳・編集/北田
中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

とんでもない勘違いをしている!中国人が日本人に抱いている5大誤解とは―米華字メディア

24日、米華字メディア・多維新聞は、日本人と中国人は歴史的な問題が原因か、あるいは文化的な問題が原因か、なかなか「ハーモニー」が成立しないが、こと中国人は日本人を大いに誤解していると報じた。その主な誤解として、5項目の代表的な例を挙げている。

Record China
2016年10月28日 9時20分
続きを読む

よく笑うのは日本人?人工知能が教える日中韓の顔の見分け方=韓国ネット「外見より声の大きさで判断」「個性的で奇抜なスタイルの人は大体…」

24日、韓国メディアによると、人工知能(AI)が人間よりも「顔を見て国籍を区別する能力」に優れていることが明らかになった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

Record China
2016年10月24日 15時40分
続きを読む

日本人はなぜ瓶を洗ってから捨てるのか?その真相を中国ネット絶賛=「日本を批判する資格なんてなかった!」「日本で一番感心したのは…」

9日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「日本人はなぜ瓶をきれいに洗ってから捨てるのか」と題する記事が掲載され、ネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年7月15日 7時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング