Record China

ヘッドライン:

「TRUMP」の商標で負けたトランプ氏、先越され中国で登録できず―中国メディア

配信日時:2016年11月15日(火) 13時10分
拡大
15日、米国の次期大統領であるトランプ氏に関してさまざまな情報が流れ注目を集めているが、中国では「中国で商標争いに負けた」との報道が話題となっている。資料写真。

2016年11月15日、米国の次期大統領であるトランプ氏に関してさまざまな情報が流れ注目を集めているが、中国では「中国で商標争いに負けた」との報道が話題となっている。環球時報が伝えた。

報道によると、原告は「ドナルド・トランプ」で、生年月日や住所が次期米国大統領のトランプ氏の情報と一致。さらに、トランプ氏の訴訟を担当した北京市の弁護士事務所に問い合わせると、従業員は「確かに次期大統領のトランプ氏」と証言している。

トランプ氏は2006年の12月に不動産関連の商標登録で、「TRUMP」を中国で申請したが、すでに董偉という人物が2週間前に申請しており、登録ができなかった。トランプ氏は中国商標登録部門の判断を不服として再審を求めたが、14年に棄却された。それでもあきらめなかったトランプ氏は北京市の高級人民法院に上訴したが、15年5月に再び棄却された。

中国の専門家によると、近年商標登録を利用して利益を得ようとするトラブルが続発しており、海外で名が知られまだ中国に進出していないブランドの商標をいち早く申請するケースが少なくない。(翻訳・編集/内山

中国の本ならレコチャのオンラインショップへ
中国・韓国関連の本の販売依頼も受付中

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米トランプ氏の「日本嫌い」は本音!次期政権の対日圧力、安保・経済とも厳しくなる=「経済強化公約」も前途多難―元米通商代表部担当部長

11日、グレン・フクシマ元米通商代表部日本担当部長が日本記者クラブで会見。米大統領選で勝利したトランプ共和党候補の対日政策について、同氏の「日本嫌いは本音」であり、安保・経済ともに極めて「厳しい」ものになると指摘した。

八牧浩行
2016年11月12日 5時10分
続きを読む

中国にパクられた韓国の商標、韓流ブームに乗り1000件超える=韓国ネット「中国はいつか痛い目に遭う」「商標登録しておかない方がばか」

17日、韓国・朝鮮日報は、韓国のフランチャイズチェーンなどの商標が中国で無断に先行登録される事例が続発し、韓国企業の中国進出の足かせになっていると報じた。写真は中国各地で営業する「横城韓牛」の店舗。

Record China
2016年6月17日 13時0分
続きを読む

ランキング