Record China

ヘッドライン:

熊本大生ら10人に優秀賞、日中若者交流の「使者」として訪中へ=組織賞に聖心女子大、立命館宇治高など―Panda杯全日本青年作文コンクール

配信日時:2016年10月30日(日) 8時50分
拡大
「Panda杯全日本青年作文コンクール2016」の表彰式が、東京港区の駐日中国大使館で開催され、熊本大学文学部2年の後藤翔さん(作品「ティーシャツと短パンの勇者」)ら10人が「優秀賞」に選ばれた。写真は表彰式風景。
(1/9枚)

2016年10月28日、「Panda杯全日本青年作文コンクール2016」(社団法人・日本科学協会、人民中国雑誌社など主催)の表彰式が、東京港区の駐日中国大使館で開催された。 「@Japanわたしと中国」をテーマに日本の35歳までの大学生、高校生、会社員らを対象に作文を募集。362人が応募し、熊本大学文学部2年の後藤翔さん(作品「ティーシャツと短パンの勇者」)ら10人が「優秀賞」に選ばれた。 また学校・団体を対象とした「組織賞」に聖心女子大、熊本大、立命館宇治高校が輝いた。

その他の写真

受賞者は29日から11月4日まで約1週間にわたり中国を訪問。中国の大学生との討論会などに参加する。表彰式では程永華駐日大使が「いずれの作品も感動的。新たな角度から中国を感じるもので、日中の若者の意思疎通や友好にもつながる」とあいさつ、青少年の日中交流拡大に期待した。

日本科学協会の大島美恵子会長は「既成概念にとらわれない姿勢の作品が多く、素晴らしい内容だった」と指摘した上で、「若い人たちが中国を深く理解し、中国の若者と心を通わせてもらいたい。深いつながりが未来につながる」と呼びかけた。

受賞者の後藤翔さんは「中国では抱いているイメージと実際の姿を見比べて新しい発見をしたい」と語った。

中国人の訪日は年々増加し、15年には約500万人に達し、今年は700万人に迫る勢い。一方、日本人の15年の訪中は半分の約250万人にとどまった。日中友好団体関係者は、「国民同士の相互理解のためにも、日本人はもっと中国を訪問していただきたい」と要望している。(八牧浩行

■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「私は一生、日本のラーメンが食べられないの?」=残念でならなかった日本旅行―中国人学生

中国国内でイスラム教を信仰する人はウイグル族や回族など、合わせて1300万人あまりいるとされている。そんな中の一人である北京郵電大学の王超文さんは、イスラム教徒であるがゆえの日本旅行の悩みについて、作文につづった。写真は豚骨ラーメン。

日本僑報社
2016年10月15日 6時10分
続きを読む

日本人学生の「日本人は中国人が好きではない」という言葉が信じられず、インターネットで調べてみた―中国人学生

花見シーズンを迎え、多くの中国人観光客が日本を訪れている一方で、相変わらず指摘されているのがマナーの問題だ。東北師範大学の孫丹平さんは、自身の訪日体験から、中国人のマナーへの取り組みを提案している。

日本僑報社
2016年4月9日 7時40分
続きを読む

<インタビュー>「大阪人は中国人に似ている」「関西弁漫才は最高」―中国人の日本語作文コンクール最優秀賞『好きやねん、大阪』作者

日本語を学ぶ中国人を対象とした第11回「中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社・日中交流研究所主催、日本外務省など後援)で最優秀賞を受賞した山東政法学院4年の張晨雨さん(20)が来日し、Record Chinaのインタビューに応じた。

八牧浩行
2016年2月27日 14時10分
続きを読む

ランキング