Record China

ヘッドライン:

中国軍の軍用機向けエンジン、ロシアからの調達を継続、国産よりも信頼性重視か―露メディア

配信日時:2016年10月30日(日) 8時10分
拡大
26日、ロシアの航空関係者はこのほど、ロシアの国防関連輸出会社が中国向けに軍用ターボファンエンジン「AL−31」と「D−30」を輸出する新たな契約を結んだことを明らかにした。資料写真。

2016年10月26日、ロシアの航空関係者はこのほど、ロシアの国防関連輸出会社が中国向けに軍用ターボファンエンジン「AL−31」と「D−30」を輸出する新たな契約を結んだことを明らかにした。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

ロシアメディアによると、中国はこの契約で3年以内にロシアから合わせて約100台のエンジンを入手することになる。AL−31エンジンは1台500万ドル以上、D−30も相当の額であり、露戦略・技術分析センターの専門家による試算では総額10億ドルに上る契約だという。

中国は2010年からD−30エンジンを調達しており、これまで輸出された台数は239台とされ、中国人民解放軍の「轟−6」爆撃機や、「運−20」輸送機に搭載されている。1990年代からAL−30エンジンを搭載したSu−27戦闘機、Su−30戦闘機が輸出されたが、2000年からは中国の国産戦闘機「殲−10(J−10)」にも搭載されるようになった。

同時期から中国はD−30に代わるエンジンとして国産ターボファンエンジン「WS−10」の開発を進めていた。ロシア科学アカデミー極東研究所の専門家は、中国が自国軍用機のためにロシアからエンジンの調達を続けていることは、中国の国防産業が多大な努力を払っていてもなお、ロシア製エンジンに匹敵する国産エンジンが開発できていないことを意味するのではないかと指摘している。

今回調達するAL−31は、これまで調達した戦闘機あるいは国産の新型戦闘機のどちらに搭載するのか分かっていないが、現在のような比較的平和な時代にあっては、信頼性があり、耐用年数も長いロシア製エンジンの採用が最も適当だと専門家は話している。

専門家は、この新たな調達は中国が国産の第4世代戦闘機のエンジンの品質に満足しておらず、第5世代戦闘機のエンジンをロシアと共同開発する可能性もあることを意味していると指摘。中国の最新戦闘機「殲−20(J−20)」は国産エンジンモデルとAL−31エンジンを搭載したモデルの2つのバージョンで試験飛行が行われているという。(翻訳・編集/岡田)

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

キルギス、中国大使館への自爆テロ犯に武器販売した元軍人ら逮捕―露メディア

23日、キルギスでこのほど、武器の違法販売に関与したとして逮捕された国境警備軍の元軍人や警察幹部らが、今年8月に首都ビシケクにある中国大使館に自爆攻撃を仕掛けた犯行グループに武器を販売していたことが分かった。写真は自爆攻撃で破損した中国大使館の門。

Record China
2016年10月24日 18時50分
続きを読む

日本はいかにしてわずか20年で世界第二の経済大国になったのか?「日本は底が厚い」「中国が日本に賠償を求めなかったからだ」―中国ネット

22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本がわずか20年で世界第二の経済大国になった秘訣について分析したテレビ番組を紹介する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年10月24日 1時20分
続きを読む

韓国軍自慢の国産ヘリ、寒いと戦えないことが判明=韓国ネット「失敗がなければ発展もない」「毛布をかけてあげれば問題解決」

22日、韓国軍が「国産の名品武器」と宣伝してきた機動ヘリコプター「スリオン」が、氷点下数十度の環境で正常運用が可能かどうかを検証するテストを通過できず、軍への納品が中断されていたことが分かった。写真はスリオンの模型。

Record China
2016年9月26日 8時20分
続きを読む

中国・李肇星元外相「日本は尖閣返せ、米国は中国の一つの省に武器売却するな」―中国メディア

29日、中国の李肇星元外相は、中国北京市で開かれた第1回日中韓公共外交フォーラムの期間中、中国メディアの取材に応じ、「尖閣諸島が中国固有の領土であることは明らか。日本は歴史を認め、同島を中国に返すべきだ」と述べた。

Record China
2016年5月2日 12時0分
続きを読む

ランキング