Record China

ヘッドライン:

抗日戦争の記憶を失いつつある台湾人、逆に広がる親日ムード―中国紙

配信日時:2016年10月27日(木) 18時0分
拡大
26日、台湾では日本への勝利を祝うどころか、親日ムードが広がっているという。

2016年10月26日、環球時報は記事「抗日戦争の記憶を失いつつある台湾人、社会に広がる親日ムード」を掲載した。

25日は台湾が中華民国に復帰した記念日、台湾光復節だ。かつては200万台湾ドル(約660万円)もの予算が投じられて盛大な式典が行われていたが、年々存在感を失っている。台湾紙・自由時報によると、24日に行われた台湾立法院内政員会では「光復(回復)は漢民族の視点だ」として来年度から予算をゼロにするよう民進党議員が提案した。式典を担当する中華民国台湾省政府は今年度の予算額はわずか10万台湾ドル(約33万円)に過ぎないとして理解を求めた。

日本と戦って台湾を取り戻したとの意識が薄れる一方で、台湾社会には親日意識が広がっている。台湾人が求めているのは美しい環境、便利さ、安全など。日本を旅行すればそのすべてを体験することができると感じる人が増えているためだ。「もしわれわれが日本に勝利しなければ今の生活はありえただろうか?」変わりゆく台湾社会に国民党関係者からは焦りの声が漏れ聞こえる。(翻訳・編集/増田聡太郎

中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の雑誌社に旭日旗が飾ってあると騒ぎに、社の釈明にもネットの怒り収まらず=「記者ともあろう人間が…」「まさか解放記念日もそのままだった?」

7日、韓国の総合週刊誌「時事IN」の編集局に韓国国旗と旭日旗のデザインを合成したイメージが掲げられていることが判明し、同誌編集局長が釈明する騒ぎとなった。写真は旭日旗。

Record China
2016年9月7日 16時50分
続きを読む

王毅・中国外相の「2面性」!駐日大使時代に明かした意外な本音とは?=透ける中国の「特殊事情」

中国の王毅外相が、外相就任後初めて日本を訪問した。2008年まで駐日大使をつとめた親日派だが、日中が微妙な関係にあるためか、日中韓外相会談でも表情が硬かった。王毅外相の経歴と行動をフォローすれば、中国特有の複雑な事情が浮かび上がる。

八牧浩行
2016年8月25日 6時40分
続きを読む

台湾で日本語の「の」が乱用されている?=「おれは『の』の字を見たら絶対に買わない」「日本人が漢字を乱用していることの方が問題」―中国ネット

23日、中国のポータルサイト・今日頭条が、台湾では日本語の「の」が乱用されていると伝える記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は台湾の屋台。

Record China
2016年5月25日 9時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング