Record China

ヘッドライン:

世界でたった1頭しかいない褐色のパンダ、無事2回目の雨季越え―中国

配信日時:2016年10月14日(金) 5時10分
拡大
現在6歳の「七仔(チーザイ)」は非常に珍しい褐色のジャイアントパンダ。このほど秦嶺山脈にある陝西省仏坪ジャイアントパンダ保護基地で2回目の雨季を無事越えた。
(1/4枚)

現在6歳の「七仔(チーザイ)」は非常に珍しい褐色のジャイアントパンダ。このほど秦嶺山脈にある陝西省仏坪ジャイアントパンダ保護基地で2回目の雨季を無事越えた。新華社が伝えた。

その他の写真

体重は基地にやって来た時の89キロから100キロ以上まで増え、すっかりプクプクのチョコレート色のパンダへと成長した。七仔は毎日40キロ以上の笹を食べ、健康状態も安定しており、体力や野性的な本能においても大きな成長が見られた。

2015年、仏坪県で60年に1度といわれる「6.29暴雨洪水災害」が生じた。そんな中、保護基地スタッフが全力を尽くしたことで、七仔にとって基地での最初となる雨季を無事乗りきることができた。そして七仔はこのほど無事2回目の雨季を乗り越えたことになる。

今年6歳になる七仔は、母親が普通の白黒のパンダにもかかわらず、褐色の毛に覆われたオスパンダとして生まれた。2014年12月、七仔は同省の希少野生動物保護飼育研究センターから仏坪ジャイアントパンダ保護基地へと移り住んだ。

世界で最初に発見されたパンダ「丹丹(ダンダン)」は1985年に仏坪で見つかり、これまでに世界中で記録が残っている褐色のパンダは全部で8頭いる。七仔は8番目に発見され、現在生存している唯一の褐色のパンダだ。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?
レコードチャイナではコラムニストを募集しています。
どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

パンダ飼育員ってどんな仕事?―中国

ジャイアントパンダの飼育員は、日々どんな気持ちで仕事をしているのだろう?記者はこのほど、四川省都江堰市にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター都江堰基地において、パンダ飼育員の仕事を実際に体験した。資料写真。

人民網日本語版
2016年7月23日 2時50分
続きを読む

外国人に聞いてみた「中国人を動物で例えると?」珍回答が出るも中国ネットは「外国人の中国人に対する評価は意外と高いんだな」

29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国に滞在中の外国人に対して、中国人を動物に例えるとなんだと思うかとインタビューする動画記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年5月31日 6時10分
続きを読む

ランキング