<北京五輪>チケット140万枚も売れ残り!不人気種目はやっぱり不人気だった―中国

配信日時:2008年1月30日(水) 18時38分
<北京五輪>チケット140万枚も売れ残り!不人気種目はやっぱり不人気だった―中国
画像ID  104521
1月27日、2回目のオリンピックチケット予約抽選が行われた。応募が一部の人気種目に集中した結果、不人気種目をはじめとして大半のチケットが売れ残ってしまったという。写真はチケットの申し込みをする市民。
2008年1月29日、新晩報によれば、07年12月に行われた北京オリンピックの第2回チケット予約応募の結果が27日、オリンピックチケットセンターから発表された。

その他の写真

12万3000人が応募し、45万枚のチケットの予約が決まった。用意されていたチケットは、各競技のチケットが180万枚、パラリンピック開幕式チケットが2万1000枚、同閉幕式チケットが2万6000枚。多数の応募があったものの、ふたを開けてみれば140万枚近くも売れ残っているという。

チケットセンターの担当責任者によれば、当選率は10.6%で、第2回販売での実際の販売率はわずか24.5%だった。多数の売れ残りが出た原因は、バスケットボール、水泳飛び込みなど一部の人気種目に予約が集中した一方、不人気種目や予選競技への応募がきわめて少なかったことにあるという。売れ残った140万枚のチケットは、次回4月に予定されている第3回予約販売時に回されるとのことだ。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事