Record China

ヘッドライン:

韓国、地震で壊れた世界遺産の100%復元が事実上不可能に=韓国ネット「日本に設計図があるはず」「セメントを塗るくらいなら壊れたまま保存を」

配信日時:2016年9月24日(土) 8時20分
拡大
22日、韓国・SBSによると、12日から続く地震で韓国・慶州地域の文化財に大小の被害が出ているが、これらを原形の通り復元することが困難であることが判明した。写真は韓国の国宝・瞻星台。

2016年9月22日、韓国・SBSによると、12日から続く地震で韓国・慶州地域の文化財に大小の被害が出ているが、これらを原形の通り復元することが事実上不可能であることが判明した。

新羅時代に都が置かれた慶州は、「屋根のない博物館」とも呼ばれるほど貴重な文化財が多数点在する。12日に発生した韓国観測史上最大規模の地震やその後続く余震はこの慶州が震源であったため、文化財庁などは付近の文化財について被害状況の確認を進めている。このうち、当初は無事とみられていた東洋最古の天文台・瞻星台(チョムソンデ)は続く余震で全体が傾き、仏国寺大雄殿では瓦が落ちるなどの被害が確認された。いずれも世界文化遺産に登録された貴重な史跡だ。

国立文化財研究所ではこれらの復元補修を予定しているが、復元の大事な資料となる「精密実測報告書」が、瞻星台と仏国寺大雄殿のいずれでも作成されていないことが判明した。この報告書は保存価値のある文化財の歴史や詳しい図面、使用資材などを詳細に記したもので、文化財庁関係者によれば、これがない場合、100%原形への復元は難しいという。しかし「保存価値」が十分にあるはずの2つの文化財については、作成が未着手だった。文化財庁は、16年から事業を自治体に移管しているため慶州市に報告書作成義務があるとしている。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せた。

「韓国はどの分野でも本当の専門家がいない。すごい国だ」

「ものすごく残念。なぜよりによって…」

「事件事故が起こるたびに明らかになるのは、韓国の公務員のふざけた実情だけ」

「この世の中に永遠なものはない。放っておけ」」

「復元すると言ってセメントで塗り固めるのはやめてくれ。いっそ自然に壊れたままを保存する方法を探した方がいい」

「適当にいじるのはやめて、今のままの姿を後世に伝えよう。『2016年9月の地震で今のような姿になった』と説明を付ければいい。これも一つの歴史だからね」

「今まで精密実測報告書もなかったこと自体がショック」

「頼むから少しはこっちを納得させることをやってくれ。ニュースを見るたびにイラついておかしくなりそうだ」

「これが世界遺産というところが恥ずかしい」

「原形の復元は可能だ。日本に設計図があるはず。日本統治時代にたいていの場所は調査が終わっている」(翻訳・編集/吉金

在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

過去最大の地震で韓国の文化財がピンチ、国宝の瓦が破損=韓国ネット「この程度で済んだことがすごい」「1000年前の建物は耐えたのに僕の家は…」

13日、韓国メディアは、国宝級の文化財が集まる韓国の慶州で、韓国気象庁が観測を開始して以降、最大規模の地震が発生し、文化財の安全に赤信号がともっていると報じた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は朝鮮半島の地図。

Record China
2016年9月13日 15時10分
続きを読む

唐時代の水龍剣を日本が所蔵していることに中国ネットは大喜び=「日本に置いておいてよかった」「安全を考えたら外国で保存するのが一番」

24日、中国のポータルサイト・今日頭条が、唐時代の水龍剣が日本で重要文化財として所蔵されていると伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年7月25日 22時50分
続きを読む

韓国、天然記念物の海岸にセメントと鉄の橋設置で「景観がぶち壊し」=韓国ネット「いっそ岸壁もペンキで塗ったら?」「これが韓国のレベル」

31日、韓国の天然記念物に指定され、ユネスコの世界自然遺産登録候補地としても名前の挙がっている海岸に、その自然景観にふさわしくない人工的な橋が建設され、批判を浴びている。写真は済州島の龍頭海岸。

Record China
2016年8月1日 13時10分
続きを読む

ランキング