Record China

ヘッドライン:

「韓国の原発安全性は日本より上」高まる不安受け韓国当局が太鼓判も、韓国ネットはあきれる「日本と比べるなよ」「政府の虚勢こそが恐ろしい」

配信日時:2016年9月21日(水) 0時0分
拡大
20日、韓国観測史上最大クラスの地震発生後、余震が収まる気配を見せず原発の安全性を懸念する声が高まる中、原発を運営する韓国水力原子力がその安全性を保障する発表を行った。写真は地震で屋外に避難する釜山市民。

2016年9月20日、韓国南東部の慶尚北道慶州市付近でこのところ観測史上最大クラスの地震が相次いでいるが、実はこの地域、世界的にもまれな原子力発電所の密集地帯でもある。余震が収まる気配を見せず原発の安全性を懸念する声が高まる中、原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)がその安全性を保障する発表を行った。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

韓水原は20日、国内の原発はマグニチュード(M)6.5〜7.0クラスの地震にも耐えることができ、12日夜に起きたM5.8の韓国観測史上最大の地震でも何ら異常はなかったと明らかにした。韓水原によると、韓国の原発の耐震設計基準は11年の東日本大震災と福島第1原発事故後に強化されており、現在ある原発の耐震設計値はM6.5程度だという。

また韓水原は、日本の原発の半数ほどが沸騰水型軽水炉(BWR)方式であるのに対し、韓国の原発の大部分が加圧水型軽水炉(PWR)であり、技術的に安全性により優れているとした。PWRの場合、原子炉に問題が起こっても放射性物質が外部に流出する可能性は低く、万一メルトダウンが起こった場合も水素爆発にはつながらないとの説明だ。

さらに韓国の原発が安全な理由として、韓水原はその立地を挙げている。韓国では丈夫な岩盤を掘削し鉄筋やコンクリートで補強した上で原子炉格納容器を設置しているため、一般の土砂地盤上に建てられた建物に比べ30〜50%程度、振動を減少させることができるという。

韓水原はこうした説明の上で、東日本大震災クラスの地震が起こっても韓国の原発は日本のそれより安全だと発表した。

報道を受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「君たちは大丈夫だ、問題ないと言い続けてるけど、万が一にも1基でも何かあった日には文字通りのヘル朝鮮(地獄のような韓国)と化すはずだ」

「100%うそだ。誰が信じる?」

「韓国と日本を比べるなよ。日本は問題が見つかったら建物を全部壊して建て直すような先進国だ」

「政府の虚勢こそが恐ろしい。ちょっと黙っててくれ」

「こんな記事は信じられない。いつだって事故が起こる前は大丈夫とか問題ないとか。そして事故が起こるとすみませんとばかり…」

セウォル号、MERS(中東呼吸器症候群)であれだけ大騒ぎになったのに、何一つ変わってないのが問題」

「地震大国の日本よりも安全性が高い?そりゃあ大した技術を持ったもんだね」

「日本より安全だってよ、笑える。ただただあきれるよ」

「事故の起こった日本と比べてどうする?」

「韓水原の本社を慶州に移転してくれ。そうしたら多少は信じられるかも」(翻訳・編集/吉金

在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

強い余震におびえる韓国、気象庁の当たらない地震予測に批判相次ぐ=韓国ネット「日本の助けを借りるべき」「午後の天気も当てられないのに…」

20日、韓国メディアによると、天気予報の誤報が続き批判を浴びていた韓国気象庁が、国民の命に直結する災害である地震に関する予測についても「正確性に欠ける」と指摘を受けている。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国の緊急地震速報。

Record China
2016年9月20日 10時50分
続きを読む

ソウル慰安婦像の前にシンクホールが発生=韓国ネット「修復工事のために慰安婦像を撤去?」「神様が撤去しろと言っているのかも…」

14日、韓国メディアによると、同日午後3時30分ごろ、ソウル鍾路区にある慰安婦像の近くで、直径1メートル、深さ30センチのシンクホール(陥没穴)が発生した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウルの慰安婦像。

Record China
2016年9月16日 8時20分
続きを読む

地震にも慌てない日本人の秘密、韓国で改めて注目浴びる=韓国ネット「日本と比べるのが間違い」「日本旅行から帰ると韓国がごみだめに思える」

13日、韓国・SBSは、地震などの災害に遭っても日本人は驚くほど冷静な姿を見せるとし、その理由を報じた。この記事は、12日発生した観測史上最大規模の地震以降、相次ぐ余震に不安を募らせる韓国国民の大きな注目を集めている。資料写真。

Record China
2016年9月14日 17時30分
続きを読む

ランキング