Record China

ヘッドライン:

中国、「尖閣パトロール」を異例の早さで発表、日本より2時間早く―仏メディア

配信日時:2016年9月12日(月) 14時50分
拡大
1日、仏RFIは、中国が異例の早さで「釣魚島(日本名:尖閣諸島)周辺でのパトロール」について発表したと報じた。写真は中国海警船。

2016年9月11日、仏RFIは、中国が異例の早さで「釣魚島(日本名:尖閣諸島)周辺でのパトロール」について発表したと報じた。

日本の中国語メディア、日本新聞網によると、日本の海上保安庁は11日午後0時30分、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島沖の領海に中国海警局の公船4隻が相次いで侵入したと発表した。一方、中国国家海洋局はそれよりも約2時間早い午前10時40分(日本時間)、ホームページを通じて「中国の海警船2401、2337、2102、31101が釣魚島(周辺の中国)の領海内をパトロールした」と発表している。

記事では、「日本の第11管区海上保安本部は、中国海警局の公船4隻が日本の領海に相次いで侵入したのは11日午前10時20分頃からとしていることから、中国当局が直ちに情報を公開したことが分かる」とした上で、「主権問題で受け身となることを避ける狙いがあるのではないか」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

<コラム>日中外相会談、こんなに違う両国の「公式発表」

日中韓外相会談が24日、東京で行われた。同会談出席のために来日した中国の王毅外相は、岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相との安倍晋三首相への表敬訪問も行った。興味深いのは日中当局の「公式発表」に相当な“落差”が見られたことだ。資料写真。

如月隼人
2016年8月26日 12時50分
続きを読む

ランキング