Record China

ヘッドライン:

進むハンセン病対策も今なお残る社会の偏見―雲南省

配信日時:2008年1月24日(木) 14時21分
拡大
1/6枚
世界保健機関(WHO)は毎年1月の最終日曜日を「世界ハンセン病の日」に指定している。55回目の「世界ハンセン病の日」を目前に控え、ハンセン病の流行地域である雲南省は治療と予防の取り組みの現状について報じた。2008年1月23日、中国新聞社が伝えた。

その他の写真

雲南省衛生庁の段鴻(ドゥアン・ホン)副庁長によると、雲南省はハンセン病の流行地域であり、1996年時点で全省の罹患率は1万人に8人という極めて高い数値に達していた。2007年までに5万4000人の患者が発見され、うち4万人が完治している。死者を除き、なお1600人が現在も病気に悩まされている。

雲南省は2005年から2007年までの3年間に5000万元(約7億5000万円)を投入し、病院の建設や予防の推進など対策を進めた。すでに半数の県ではハンセン病の根絶に成功したという。省は2010年時点で発生率を10万人に1人にまで抑制する目標を掲げている。

ハンセン病は極めて感染力の低い伝染病であり、完治後は他者に感染する危険性はないが、外見に後遺症が残ることなどを理由に世界的に隔離政策がとられていた。現在はその誤りが認められ、日本でも元患者や遺族への謝罪と賠償が行われた。雲南省ではいまだに強い偏見が残っており、また同省の医療水準では患者に障害が残ることが多いことからも、完治した患者を収容する共同生活治療村が年内に15か所新設されるという。(翻訳・編集/KT)

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング