Record China

ヘッドライン:

「中国は世界遺産の宝庫!日本人観光客に来てほしい!」=大使賞に『四川省山岳都市の夕暮れ』―第1回訪中日本人観光写真コンテスト授賞式

配信日時:2016年9月10日(土) 6時10分
拡大
「心に映る中国―訪中日本人観光写真コンテスト」(主催・人民網、中国国家観光局)の授賞式が東京港区の中国大使館で開催され、日本人7人に特別賞(大使賞)、1等賞(人民網賞)などが贈られた。写真は授賞式風景。
(1/3枚)

2016年9月8日、第1回「心に映る中国―訪中日本人観光写真コンテスト」(主催・人民網、中国国家観光局)の授賞式が東京港区の中国大使館で開催され、日本人7人に特別賞(大使賞)、1等賞(人民網賞)、人気賞などが贈られた。

その他の写真

授賞式には、余清楚・人民網総編集長、羅玉泉・中国国家観光局駐日主席代表、下村博文・元文部科学大臣、江田五月・元参院議長、浅野勝人・元外務副大臣、松山良一・日本政府観光局理事長ら両国の関係者約100人が出席した。

程永華・駐日中国大使は「観光による交流は重要であり、この写真コンテストの開催により、日本の方々が中国への理解を深め、関係改善と相互発展への基礎を固める上で大変有意義だ」とあいさつ。下村氏は「この種の文化的な交流によって一衣帯水の隣国同士がさらに発展することを期待したい」と祝辞を述べた。

特等賞(大使賞)に選ばれたのは、鈴村雄誠氏の作品。四川省の山岳都市の「夕暮れ」を撮影したもので、同氏は「町並みは赤く染まり、まるで宝石箱のように輝いていた」とコメント。審査員の王小寧氏(中国の有力プロカメラマン)は「ファンタジックな時間帯の夕暮れに撮影。太陽がまだ沈みきっておらず、空は澄みわたり、遠くに山があり、山のお寺や宿坊には既に明かりが灯って、グラデーションがはっきりしている」と称賛した。

第1回となるコンテストの応募は昨年11月からスタート。約1000の応募作品の中から、ネットユーザーの投票と審査グループによって絞り込んだ後、日中両国の写真専門家5人による審査を経て、7作品に、「4泊5日ペア・中国人気2大水郷の旅」旅行券などが贈られた。

中国人の訪日年々増加し、15年には約500万人に達したが、日本人の訪中はその半分の約250万人。ビジネス・留学が中心で、観光目的はわずか39万人だった。中国国家観光局は、「中国は世界遺産の宝庫。国民の相互理解のためにも、日本人にもっと中国に観光に来ていただきたい」と要望している。(八牧浩行

■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

<日本人の中国観光は復活するか>上海政府が日本人客呼び込みへ躍起―来春オープンの世界一の展望台ビルや上海ディズニーランドをアピール

日本を訪問する中国人観光客が急増、“爆買い”が話題になっているが、訪中日本人観光客は極端に低迷。日本人観光客を招致しようと中国政府や上海市が躍起になっている。写真は東京ビッグサイトで開催された「上海セミナー」。

八牧浩行
2015年9月29日 13時24分
続きを読む

<日本人の中国観光は復活するか(下)>明・清時代の街並みを再現したテーマパーク、「万里の長城」近くにオープン―日本人好みの街づくり!?

北京の北東約100kmに位置する「水郷と長城が同居する村」古北水鎮。高速道路で1時間ほどの距離で、万里の長城のひとつ“司馬台長城”の麓に昨年オープンした。明・清・中華民国時代にタイムスリップしたような街並みが広がっている。写真は古北水鎮。

八牧浩行
2015年6月28日 15時5分
続きを読む

<日本人の中国観光は復活するか(中)>「風水」のパワースポット「地壇公園」で太極拳―故宮博物院、国宝級陶磁器・書画を新たに公開

地壇は、明、清代の皇帝が地の神に対して祭祀を行った宗教的な祭壇。天壇と対向しており、古代中国の「天南地北説」に符合する。中国発祥の「風水」のパワースポットでもある。故宮博物院では展示場が拡大され、国宝級宝物が新規公開中だ。写真は地壇公園で太極拳をする人。

八牧浩行
2015年6月28日 10時24分
続きを読む

<日本人の中国観光は復活するか(上)>北京政府が日本人客呼び込みへアノ手コノ手、「医食同源・鍼灸」目玉に―団塊の世代や女性グループ狙う

日本を訪問する中国人観光客が急増、“爆買い”が話題になっているが、訪中日本人観光客は極端に低迷。日本人観光客を招致しようと中国政府や北京市が躍起になっている。経済活性化のほか人的交流で日中関係の改善につなげたいとの思惑もあるようだ。写真は北京同心堂。

八牧浩行
2015年6月27日 13時25分
続きを読む

ランキング