Record China

ヘッドライン:

中国経済を悲観する理由は何もない!専門家の主張に「井の中の蛙という言葉を思い出した」「専門家が大きなことを言うと不安になる」―中国ネット

配信日時:2016年9月8日(木) 14時30分
拡大
8日、中国メディアの新浪が、中国経済を悲観する理由は何もないと主張する専門家の意見を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2016年9月8日、中国メディアの新浪が、中国経済を悲観する理由は何もないと主張する専門家の意見を掲載した。

北京大学国家発展研究院院長の姚洋(ヤオ・ヤン)教授は、この先30年は、中国の科学技術が先進国に全面的に追いつく時となり、多くの発展途上国にとっては圧力になると主張。中国のイノベーション能力は高く、20年後に中国の前を行く国は、米国、日本、ドイツだけであり、その他の国は中国に追い抜かれるだろうとした。

この記事が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「ほら吹きだけはとっくの昔に世界一になっている」

「井の中の蛙、夜郎自大という言葉を思い出した」

「数十年前にも英米を超えると言っていたが、差は開くばかりだ」

「専門家が大きなことを言うとものすごく不安になる」

「餌をもらうために専門家も一生懸命なんだな」

「不動産でもうけた世代に希望なんてないさ。でもゴマすりの専門家にはいつまでも金もうけの機会がある」

パクリ国家のどこにイノベーションなどというものがあるのか」

「この専門家はチャイナドリームを見ているのか?それとも笑い話を言っているのか?」

「国は強大になっても庶民が幸福でないなら真の強さといえるのだろうか」

「企業の資金がみんな不動産市場へ流れた結果、実業の低迷と不動産価格の高騰を招いたのに、どこに悲観的にならない理由があるんだ?」(翻訳・編集/山中)

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

<どうなる中国経済>世界一の消費大国・中国の「3大変化」とは?=米欧・韓国企業、対中投資を積極化―日本企業、乗り遅れる!

中国の今年上半期の実質GDPは前年同期比6.7%増。かつての2ケタ成長の勢いはないが、中間層の急拡大に伴い個人消費が大きく伸び、力強さも見える。グローバル時代に、世界最大の消費市場を取り込むしたたかな戦略を、日本企業は求められている。写真は上海。

八牧浩行
2016年8月24日 6時10分
続きを読む

<どうなる中国経済>燻り続ける「崩壊論」の行方?=2024年に米国を追い抜くのは「幻想」か

「中国経済崩壊論」が日本メディアを賑わしてきた。一方で、IMFなど各種国際機関の中期予測によると、世界全体のGDPに占める中国の割合は2024年には20%に拡大、「米国を抜き世界一の経済大国になる」という。その真贋は?資料写真。

八牧浩行
2016年8月17日 8時50分
続きを読む

ランキング