Record China

ヘッドライン:

米中首脳、南シナ海・人権・サイバー問題など「率直に意見交換」―英メディア

配信日時:2016年9月4日(日) 10時20分
拡大
2016年9月3日、オバマ米大統領と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は、4日に中国・杭州で開幕するG20(20カ国・地域)サミットを前に会談し、両国間の懸念事項や国際問題について率直な意見交換を行った。英BBCが伝えた。

米ホワイトハウスによると、オバマ大統領は「われわれは、国際法や合法かつスムーズな商業活動、航行および飛行活動の自由を守るため、アジア太平洋地域の全ての国々とともに努力を重ねていく」と表明。中国に対し、南シナ海における中国の主権を否定した仲裁裁判所の決定を順守するよう促した。

中国国営新華社通信によると、習主席はこれに対し、「中国は南シナ海の領土主権と海洋権益を断固として守り続けると同時に、当事者間での直接対話を通じて平和的解決を目指す」とした上で、「米国が建設的な役割を果たすことを望む」と述べた。

両首脳は人権問題やサイバー問題などの相違点についても意見を交換した。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

<中国とどうつきあうか(1/4)>日米中関係、21世紀の国際秩序を左右=米国の「覚悟」と日本の「補強」が必要―代表的専門家3氏が提言

中国の最近の台頭により、戦後の米国中心の国際秩序が大きく揺らいでいる。五百旗頭真アジア調査会会長、宮本雄二元駐中国大使、川島真東京大学教授が、「中国とどうつきあうか―日米中のこれから」をテーマに、記者会見した。写真は左から川島氏、五百旗頭氏、宮本氏。

八牧浩行
2016年8月31日 4時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング