Record China

ヘッドライン:

日本はG20を利用すべき、世界の経済大国と協力し経済の復活を!―駐日中国大使

配信日時:2016年9月1日(木) 13時50分
拡大
8月31日、中国国営ニュースサイト・CRI Onlineは程永華駐日中国大使のインタビュー記事を掲載し、G20と日本に関する程大使の見解を紹介した。資料写真。

2016年8月31日、中国国営ニュースサイト・CRI Onlineは程永華(チョン・ヨンホア)駐日中国大使のインタビュー記事を掲載し、G20と日本に関する程大使の見解を紹介した。

間もなく中国の杭州市で開かれるG20は、世界有数の経済大国であり、G20の重要メンバーである日本も注目している。日本経済は現在さまざまな困難に直面しているが、こうした現状について程大使は次のように語っている。

日本は世界第3位の経済国として、そしてG20の重要メンバーとしてG20において重要な役割を果たす。一方で、日本国内では高齢化や長期的なデフレ、財政赤字の高止まりなど構造的な難題が存在する。金融政策に頼った景気刺激には限界があり、その効果も薄れてきている。G20のメンバーにも同様の問題を抱えている国が存在する。日本はG20の枠組みを利用し、世界の経済大国と交流し協力することで経済復活の障害を取り除くことができるかもしれない。(翻訳・編集/内山

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

アベノミクスは「高度危険期」に突入―中国メディア

日本の内閣府が15日に発表したデータによれば、円高による輸出減少に企業の設備投資の減少、個人消費の低迷が加わって、2016年第2四半期(4-6月)の国内総生産(GDP)の実質増加率は0.2%にとどまり、予想を下回った。写真は自民党ポスター。

人民網日本語版
2016年8月20日 13時20分
続きを読む

ランキング