Record China

ヘッドライン:

中国大使館の襲撃はキルギスだけじゃない!戦闘機の爆撃に迫撃砲、世界各地で襲撃される―英メディア

配信日時:2016年8月31日(水) 11時50分
拡大
30日、キルギスの中国大使館で同日爆発事件が発生し、少なくとも館員3人が負傷した。英メディアは中国大使館が襲撃されることは珍しいことではないとし、近年起きた中国大使館襲撃事件をまとめた。写真は中国国旗。

2016年8月30日、キルギスの中国大使館で同日爆発事件が発生し、少なくとも館員3人が負傷した。当局はテロと断定し、爆発を起こした人物の遺体は車内から見つかっている。環球時報が伝えた。

英ロイター通信は中国大使館が襲撃されることは珍しいことではないとし、近年起きた中国大使館襲撃事件をまとめた。

1999年5月、米戦闘機がセルビアの首都ベオグラードにある中国大使館を爆撃。十数人の死傷者を出し、米国はその後誤爆だったと発表したが、中国で大規模な反米活動を引き起こした。

2008年3月には米・サンフランシスコにある中国総領事館で放火事件が発生。幸いにも負傷者は出なかった。

さらに、09年7月、オランダの中国大使館で、中国からの独立を目指すイスラム主義組織「東トルキスタンイスラム運動」に所属する150人余りが大使館の窓ガラスを割り抗議した。同月、ドイツ・ミュンヘンの中国総領事館でも若者2人が火炎瓶を投げる事件が起きている。

このほか、11年12月、ロサンゼルスの中国総領事館で中国系男性が正門で発砲し、領事館の窓ガラスが破損した。負傷者は出なかった。13年9月、シリアの中国大使館に迫撃砲の砲弾が投げ込まれ、シリア人館員1人が軽傷を負った。過去数年間を見ても各地の中国大使館や総領事館が襲撃に遭っている。(翻訳・編集/内山

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

タイの連続テロ、首相が警備強化を呼びかけ―中国メディア

12日、国際在線によると、タイ中部や南部のリゾート地で11日から12日にかけて爆発が相次ぎ、4人が死亡し30人以上が負傷した事件で、プラユット暫定首相は全国の主要都市に対し、観光地やランドマーク的な建物の警備を強化するよう命じた。写真はタイの母の日。

Record China
2016年8月14日 23時30分
続きを読む

北朝鮮によるテロの危険が高まる韓国、朴大統領が警戒=韓国ネット「統一が実現してほしい」「戦争が起きたら朴大統領が一番に逃げそう」

22日、韓国の朴槿恵大統領は乙支国家安全保障会議で、「北朝鮮が韓国社会の混乱を助長するためのテロや挑発を仕掛ける可能性が高まっている」と明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は北朝鮮。

Record China
2016年8月22日 19時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング