Record China

ヘッドライン:

<中国とどうつきあうか(3/4)>二重三重に絡み合う米中、日本にとって安心できず=中国は追い込まれていない―宮本・元中国大使

配信日時:2016年9月2日(金) 3時0分
拡大
中国の最近の台頭により、戦後の米国中心の国際秩序が大きく揺らいでいる。宮本雄二元駐中国大使は、米中関係について「二重三重に絡みあっている」と強調、日本にとって米国も安心できないとの認識を示した。写真は会見する宮本氏。
(1/2枚)

中国の最近の台頭により、戦後の米国中心の国際秩序が大きく揺らいでいる。五百旗頭(いおきべ)真アジア調査会会長・熊本県立大学理事長(前防衛大学校長)、宮本雄二元駐中国大使、川島真東京大学教授が、「中国とどうつきあうか―日米中のこれから」をテーマに、日本記者クラブでこのほど会見した。

その他の写真

宮本雄二元駐中国大使は、大きく台頭した中国は米国に取って代わるかどうか自身でも分からず迷走していると指摘した上で、自信を喪失した米国は「中国を国際秩序に誘導できない」と分析。その上で、「中国人は米国に負けないように強い国家にしなければならないと考えているが、どうもっていくのか先がはっきりしない」と懸念、東アジアにおいて協調的な秩序構築が求められるとした。また米中関係について「二重三重に絡みあっている」と強調、日本にとって米国も安心できないとの認識を示した。

宮本氏の発言は次の通り。

かつて輝いていた米国が自信を喪失している。黒人、女性などマイノリティの権利が認められた結果、メインストリーム(主流)を行く人たちが不満を抱き、全体のバランスが失われている。その結果、民主主義そのものも打撃を受けている。

米国は普通の国ではなく、移民によって形成された「ミニ地球」とでもいうべき国である。リベラル・デモクラシーを基軸とする国際秩序を守る「覚悟」が求められる。(米国が本気で取り組めば)国際秩序はそう簡単に崩れない。

中国は「特色のある社会主義」と「伝統のある中国」の2つの考えを持っている。さらにアヘン戦争以来の列強に侵略された屈辱の歴史を消したいとの思いが強い。
昔ナンバーワン国家だったので、いずれ米国を凌駕すると大部分の中国人が思っている。米国に負けないように強い国家にしなければならないと考えているが、どうもっていくのか先がはっきりしない。

過去の屈辱の歴史を繰り返さないよう、強くなければならないという思いがあるので、軍事力増強に力を入れている。しかしどのような東アジアをつくるのか。中国国内では(1)国際協調する中で発展を目指す(2)力を持つに至った今日、中国の正しい主張を全面に打ち出す―の2つの考えがせめぎ合っている状態だ。中国の中で国際協調的なものが主流になってもらわないと面倒なことになる。東アジアについて協調的な秩序構築が求められる。

このままいけば中国の軍事力は増え続ける。(独善的な)考えを変えてもらわなければならないが、大国になった以上、「中国の考えは正しいので尊重されるべきだ」という認識を抱いている。

国際秩序を長期的に守っていく考え方を持ってもらわなければならない。同時に、対話を強化して、考え方を協調的なものに変えてもらう必要がある。国際秩序は簡単には崩れないことを認識させ、国際協調路線を歩むように、中国の考えを誘導すべきである。

中国は国際的に追い込まれているという認識が日本人の間にあるが、追い込まれてはいない。客観的に見て、米中関係は二重三重に(密接に)絡みあっており、(互いに)手を打っている。(日本にとって)米国も安心できない。日米関係は弱くなっているので努力していく必要がある。

国際秩序を守る側は守らなければならない。壊せば無秩序になってしまう。弱肉強食の時代にしてはいけない。米国の覚悟にかかっており、米国が頑張ってくれないと困る。

東アジアにどのような秩序をつくろうとしているのか。議論をしていく必要がある。「法の支配」の概念は有効である。中国も法律を定めて末端までこの概念を浸透させなければならないと推進している。この面では日本が先導していく必要がある。

日中間の議員外交が盛んだったが、最近は日本側にパイプを持つ議員が激減している。ニ階俊博幹事長は例外だが、中国に関心を持つ議員も減っている。議員外交や民間外交は重要である。(八牧浩行)
<続く>

■筆者プロフィール:八牧浩行
1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役、編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。著著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」など。 ジャーナリストとして、取材・執筆・講演等も行っている。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

<中国とどうつきあうか(2/4)>=「文明の衝突」回避へ総力尽くせ=米中「戦略対話」は有用!日中間でも開催を―五百旗頭アジア調査会会長

中国の台頭により、戦後の米国中心の国際秩序が大きく揺らいでいる。五百旗頭アジア調査会会長は「米中間では戦略的対話が毎年開かれ、あらゆる問題を協議している」と指摘。日米間でも開催すべきだと提唱した。写真は会見する五百旗頭氏。

八牧浩行
2016年9月1日 5時40分
続きを読む

<中国とどうつきあうか(1/4)>日米中関係、21世紀の国際秩序を左右=米国の「覚悟」と日本の「補強」が必要―代表的専門家3氏が提言

中国の最近の台頭により、戦後の米国中心の国際秩序が大きく揺らいでいる。五百旗頭真アジア調査会会長、宮本雄二元駐中国大使、川島真東京大学教授が、「中国とどうつきあうか―日米中のこれから」をテーマに、記者会見した。写真は左から川島氏、五百旗頭氏、宮本氏。

八牧浩行
2016年8月31日 4時50分
続きを読む

米中が今月に戦略・経済対話や共同軍事演習、「共存関係」を確認=「南シナ海問題」でも徹底抗戦を回避―G7首脳宣言で浮かび上がったこと?

米国はハワイ沖などで6月下旬に開催される海軍主催の環太平洋合同演習「リムパック」に中国人民解放軍を招待、中国も参加する方針を表明した。また米中両国が経済や外交の懸案を話し合う戦略・経済対話が6月6、7の両日、に北京で開催される。資料写真。

八牧浩行
2016年6月4日 5時30分
続きを読む

米中艦隊がグアム沖で合流、共同軍事演習しながらハワイ真珠湾に向かう=中国、駆逐艦・護衛艦5隻を派遣―6月末からの米海軍主催リムパックに参加

米海軍主催の環太平洋合同軍事演習「リムパック」に参加するため浙江省の軍港を出航した中国海軍艦隊が米グアム島付近の西太平洋海域で米海軍艦隊と合流、ハワイの真珠湾へ向かった。その間、米中艦隊は海上補給、海賊対策などの共同訓練を行なう。写真は中国海軍。

八牧浩行
2016年6月21日 3時30分
続きを読む

<東アジア新時代(7)>中国の南沙諸島埋め立て問題、米中とも本気で争わず―「経済」「環境」最優先の“あ・うん”

2日、中国が南シナ海・南沙諸島の人工島に建設した飛行場で試験飛行を行った。ベトナムが真っ先に抗議、続いて米国務省が「地域の緊張を高める行為だ」と批判したが、中国は「道理のない非難は受け入れない」と応じた。写真は南沙諸島。

八牧浩行
2016年1月6日 10時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング