Record China

ヘッドライン:

日本の病院である光景に感動、「飾りのない光景だからこそ人の心を打つのだと思う」―在日中国人

配信日時:2016年8月24日(水) 8時30分
拡大
23日、女性の看護師を「白衣の天使」と形容することがあるが、福岡に住む在日中国人女性の姜迎輝さんは地元の病院でたまたま見かけた光景に感動したと語っている。写真は姜さん撮影。

2016年8月23日、女性の看護師を「白衣の天使」と形容することがあるが、福岡に住む在日中国人女性の姜迎輝さんは地元の病院でたまたま見かけた光景に感動したと語っている。

姜さんがネット上に公開した写真では、病院内のベンチに腰かけてうなだれる人とひざまずいて寄り添う看護師の姿が映っている。姜さんはこの写真と共に「たまたま見かけた光景。手に診断結果と思われる紙を持った人物は涙を流し、女性の看護師がひざまずいて優しく慰めていた。日本の病院では珍しい光景ではないが、看護師の優しさに私は愛を感じた」と紹介した。

姜さんはレコードチャイナの取材に対し、「周りには人はおらず、おそらく検査結果に涙を流していたのだろう。日本の病院では当たり前の光景かもしれない、だが、そんな飾りのない光景だからこそ人の心を打つのだと思う」と当時の心境を語った。(翻訳・編集/内山

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

「まさか醤油で感動するなんて…」=中国の若者が日本の工場を見学―中国メディア

北京師範大学の趙茂莎さんは、「まさか自分が醤油で感動するなんて思いもしなかった」と話す。化学合成された醤油が当たり前の今日、350年の歴史をもつ醤油企業が今なお発酵に6カ月かける昔ながらの製法を守っていることが不思議でならなかったという。写真は醤油。

人民網日本語版
2016年8月12日 17時40分
続きを読む

ランキング