Record China

ヘッドライン:

中国海軍が日本海で演習、実戦想定で大規模か―中国メディア

配信日時:2016年8月20日(土) 8時20分
拡大
19日、央広網によると、中国海軍は18日、日本海で軍事演習を実施した。資料写真。

2016年8月19日、央広網によると、中国海軍は18日、日本海で軍事演習を実施した。東シナ海艦隊を含む複数の艦隊が参加し、実戦を想定した大規模な演習だったとみられる。

演習は西安艦、衡水艦、高郵湖艦を含む艦隊と、東シナ海艦隊中心の二手に分かれて実施。指揮系統、作戦体系、陸・海・空をカバーする情報管理、全体的な海戦態勢などを想定。組織的な戦闘行動を念頭に行われた。

参加した艦隊はハワイであった米海軍主催・環太平洋合同演習(リムパック、6月30日〜8月4日)に参加後、宗谷海峡などを経て日本海に入った。中国海軍幹部は今回の演習について「年間計画に盛り込まれたもので、国際法に則って実施した」と表明した。(翻訳・編集/大宮)

レコードチャイナではアルバイトを募集しております。
採用情報はこちら

関連記事

尖閣海域への中国大攻勢、日本の「南シナ海介入」への意趣返し!=「国際包囲網」づくりに猛反発―権益確保へ「陽動作戦」

中国が8月に入り尖閣諸島周辺への公船派遣を常態化。南シナ海に続いて、海洋進出を志向する習近平政権の意思の表れと見られる。中国は南シナ海の多くの海域で実効支配を強め、尖閣諸島を含む東シナ海にも権益を及ぼそうとしている。資料写真。

八牧浩行
2016年8月16日 6時0分
続きを読む

在中国日本国大使館が日本人に注意喚起=「日本は中国を恐れ始めたようだ」「国際的には中国はとても危険な国と認識されている」―中国ネット

12日、中国メディアの環球網は、在中国日本国大使館が在留邦人に対して注意喚起を行ったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年8月13日 17時40分
続きを読む

ランキング