Record China

ヘッドライン:

サムスンのウェブサイトから“A、B、O”が消えた理由=韓国ネット「ナイスアイデア!」「それよりも解決すべきことは…」

配信日時:2016年8月20日(土) 7時10分
拡大
2016年8月16日、韓国・京郷新聞によると、サムスン電子の公式ウェブサイト上の「SAMSUNG」のロゴマークからアルファベットの「A」が消え、話題を呼んでいる。

実は、これはシステムエラーやハッキングなどではなく、国際献血キャンペーンの一環だという。サムスン電子は16日、国際赤十字連盟主管のグローバル献血推進キャンペーンである「インターナショナル・ミッシング・タイプ」に参加することを明らかにした。「ミッシング・タイプ」は昨年、英国赤十字社で初めて実施されたキャンペーンで、現地では昨年のキャンペーン期間中に3万もの人が献血に参加した。今年からは国際赤十字連盟主管のグローバルキャンペーンに拡大し、15日から1週間にわたって全世界21カ国の企業・機関・団体などが参加する。参加機関はキャンペーン中、各社のロゴから血液型を表わす「A・B・O」のアルファベットを消す方法でキャンペーンを知らせることになっており、これは、「血液が不足している」という意味を表わしているという。

サムスンは1週間、韓国をはじめ南アフリカ、英国、豪州など15カ国計21の公式ウェブサイトで同様の「ミッシング・タイプ」を行うといい、「今回のキャンペーンを通じて、より多くの人々に献血の必要性を認識させられるよう期待している」「役員たちにも献血を推進していく」としている。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「ナイスアイデア」

「大切な血が大切な所で使われることを祈っています」

「いい趣旨だ。血がおかしなところで使われるのは国の上層部と協会のせいであって、サムスンのせいじゃない」

「タダで血をよこせって?血を売ってお金をもらってるくせに」

「役員は(キャンペーン参加などではなく)いい仕事をすればいいものを」

「血も涙もないやつらがそんなキレイ事を言うからしゃくに障るんだよな」

「それよりも、自分たちのところの半導体工場で白血病やガンで亡くなった人たちの問題を解決したら?」

「役員も献血に参加するっていうけど、果たしてオーナー一族も献血したのかな?」(翻訳・編集/松村)
在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

京都に残る唐代の面影を見て最初は誇らしかったが、もはやそんな気持ちにはなれなくなった―中国コラム

陝西省西安市で育った私が初めて京都に行ったのは、確か留学に来たばかりの時だった。地元のタクシー運転手に私が西安出身であることを告げると、意外なことに、運転手はすぐさま私に向かって丁寧にお辞儀をし、私のことを「大先輩」と呼んだ。

人民網日本語版
2016年7月31日 14時30分
続きを読む

韓国サムスンの李健煕会長に買春疑惑!韓国メディアが動画を公開=韓国ネットに衝撃「命懸けの報道だ」「サムスン会長までターゲットに!?」

22日、韓国メディアによると、韓国のあるインターネットメディアは21日、今年4月に匿名の情報提供者から、サムスン電子の李健煕会長の買春が疑われる動画を入手したと報じた。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はサムスンのロゴ。

Record China
2016年7月22日 10時40分
続きを読む

サムスン会長の長女と離婚訴訟中の夫、1000億円の財産分与を請求=韓国ネット「初めから金が目的だった」「内部事情をたくさん知っているから…」

6日、韓国・サムスン電子の李健熙会長の長女でホテル新羅社長の李富真氏と離婚訴訟中のサムスン電機顧問・任佑宰氏が、李社長を相手に1兆ウォン台の財産分与を請求する訴訟を起こした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国ウォン。

Record China
2016年7月7日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング