Record China

ヘッドライン:

中国がチベット文化を絶滅させようとしている?そんな事実はまったく存在しない―豪グリフィス大名誉教授

配信日時:2016年8月5日(金) 4時10分
拡大
4日、中国西藏網によると、ダイラ・ラマ14世が「中国政府はチベット文化を絶滅させようとしている」と主張していることについて、豪州の学者が「そんなことはまったく存在しない」と指摘した。写真はチベット。
(1/3枚)

2016年8月4日、中国西藏網によると、ダイラ・ラマ14世が「中国政府はチベット文化を絶滅させようとしている」と主張していることについて、豪州の学者が「そんなことはまったく存在しない」と指摘した。

その他の写真

2日に行われた第6回北京国際藏学シンポジウムに出席した豪グリフィス大学のColin Mackerras名誉教授は、30年以上の中国少数民族、特にチベット自治区への調査の結果について語った。

Mackerras教授は、「少数民族およびチベット文化存続:西方の3つの観点」というテーマで行った演説の中で、「中国が少数民族文化、特にチベット文化を破壊しているという観点は、チベット亡命政府と彼らの支持者の悪意ある遊説と関係がある」と指摘。1996年7月にダライ・ラマがロンドンで「中国はチベット文化を絶滅させようとしている」と述べたことについて、自身がチベットで数十年生活した経験から、「全く根拠がない非難だ」と否定した。また、「中国共産党と中国政府はチベット文化の復興と発展に積極的に協力している」とも述べた。

同シンポジウムは中国チベット文化保護・発展協会とチベット社会科学院の共催で、中国のほかに、ドイツ、フランス、英国、米国、ロシア、日本、豪州などから300人以上の専門家が出席しているという。(翻訳・編集/北田

「もっと多くの人に届けたい」
あなたが知っている日中に関する情報募集中!ご連絡はこちらまで

関連記事

中国が神経とがらすチベット自治区、新疆ウイグル自治区と並ぶ“火薬庫”、独立運動への関与理由に独議員の入国拒否

中国のチベット自治区は、同じような独立運動を抱える新疆ウイグル自治区と並ぶ中国の“火薬庫”。最近もチベット独立運動への関与を理由に、独国会議員の中国入国を拒否するなど、神経をとがらせている。写真はダライ・ラマ14世。

Record China
2016年5月21日 23時40分
続きを読む

ダライ・ラマ14世がオバマ大統領と面会の可能性、中国外交部「13億の中国人民が反対している」、ネットではコメント規制

14日、中国外交部の陸慷報道官は定例記者会見で、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ氏が米国のオバマ大統領との面会する可能性があることについて、「13億人が反対していることをするな」と述べた。

Record China
2016年6月15日 17時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング