Record China

ヘッドライン:

ベトナム訪れた中国人女性、入国審査でパスポートに放送禁止用語を落書きされる―中国紙

配信日時:2016年7月27日(水) 13時10分
拡大
26日、新京報によると、広州在住の女性が23日にベトナムを訪れた際、入国審査官に手渡したパスポートにFワード(放送禁止用語)を落書きされて返されるという出来事が起きた。
(1/2枚)

2016年7月26日、新京報によると、広州在住の女性が23日にベトナムを訪れた際、入国審査官に手渡したパスポートにFワード(放送禁止用語)を落書きされて返されるという出来事が起きた。

その他の写真

女性は23日朝、友人3人と広州の空港から飛行機に乗り、ホーチミンへ向かった。到着したのは11時ごろ。入国する際、入国審査官にパスポートを手渡したが、2〜3分後に返されたパスポートのページをめくってみると、8ページ目と24ページ目に落書きがあるのに気付いた。

2012年から中国が導入した新パスポートには、8ページ目と24ページ目に、南シナ海の領有問題で中国が権利を主張し、独自に設定した「九段線」が印刷されており、ちょうどその真上にFワードが落書きされていた。

女性はベトナム語を話せず、その場では何も苦情を言わなかったが、「ベトナムの公務員がこのような侮辱的な行為に及んだことに失望した」と話している。

26日午後、駐ホーチミン中国総領事館はこの件を確認し、現在対応を検討しているという。一方、記者が駐中国ベトナム大使館に連絡をとったところ、この件についてのコメントを拒否された。(翻訳・編集/岡田)

まだ知られていない日中に関する情報
レコードチャイナを通じて世の中に発信しませんか?ご連絡はこちらまで

関連記事

抗日記念でテレビの娯楽番組が放送禁止、抗日ドラマ一色に=「抗日ドラマこそお笑い番組」「新文化大革命が近づいた」―中国ネット

1日、中国紙・新聞晨報は中国のテレビ番組が9月1日から5日間、抗日戦争勝利70周年を記念して娯楽番組の放送が禁止となり、抗日ドラマ一色になると伝えた。中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年9月3日 0時3分
続きを読む

<南シナ海問題>中国外務省「日本は当事国でない、中国にあれこれ言う資格ない」―中国メディア

24日、中国外交部の陸慷報道官は、岸田文雄外相が、ASEAN関連外相会議の期間中に、中国の王毅外相と個別会談した場合、南シナ海問題に言及するとしたことについて、「当事国でない日本が中国側に対しあれこれ言う資格はない」と述べた。写真は陸報道官。

Record China
2016年7月25日 10時40分
続きを読む

ランキング