Record China

ヘッドライン:

アジア最大の鉄道ターミナル駅が着工―江蘇省南京市

配信日時:2008年1月11日(金) 11時55分
拡大
1月10日、江蘇省南京市で北京・上海間高速鉄道の停車駅となる南京南駅の建設が始まった。完成すればアジア最大の駅になり、また複数の路線が集中する華東地区最大の鉄道ターミナルとなる。写真は上海市のリニア。
(1/5枚)

2008年1月10日、江蘇省南京市で北京・上海間高速鉄道の停車駅となる南京南駅の建設が始まった。完成すればアジア最大の駅になるという。中国新聞社が伝えた。

その他の写真

南京南駅には北京・上海間高速鉄道以外に上海・武漢・成都線、南京・安慶線、南京・杭州線が乗り入れする予定で華東地区最大の鉄道ターミナルとなる。

市内とは地下鉄1号線、3号線、6号線が連結する。郊外及び近隣地域への移動には駅の南広場の長距離バスターミナルの利用を想定。さらに高架道路により空港にも直結するなど、地下鉄・バス・空港との連絡手段も集中し、旅客の便宜が図られている。(翻訳・編集/KT)

ランキング