Record China

ヘッドライン:

台湾で「ジブリワールド」が盛況!1カ月間で20万人以上が来場―中国メディア

配信日時:2016年7月22日(金) 1時50分
拡大
宮崎駿氏のアニメをテーマとした「ジブリワールド」特別展が6月18日、台湾台北市華山文化・クリエイティブパークで開催され、7月18日までの1カ月間で延べ20万人を超える来場者を記録している。

宮崎駿氏のアニメをテーマとした「ジブリワールド」特別展が6月18日、台湾台北市華山文化・クリエイティブパークで開催され、7月18日までの1カ月間で延べ20万人を超える来場者を記録している。人民日報海外版が伝えた。

主催側はトトロの等身大の人形を用意し、20万人目の入場者となった家族にスペシャルプレゼントとして進呈した。

この特別展は日本のスタジオジブリで最も人気のアニメ作品である「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」、「天空の城ラピュタ」、「魔女の宅急便」、「ハウルの動く城」など9本のアニメ映画と合計23の名シーンが含まれている。アジア最大規模で、最も内容が豊富なジブリの大型特別展となった。評判を聞きつけて訪れた大勢の来場者は、自分と成長を共にしたアニメの感動シーンを再び見ることができる。(提供/人民網日本語版・編集JK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
在中、在韓日本人の情報大募集!
あなたが知っている中国や韓国で奮闘中の日本人をご紹介ください!ご連絡はこちらまで

関連記事

宮崎駿氏が安倍首相に喝!「歴史に名を残したいのだろうが、愚劣だ」=韓国ネット「さすが巨匠!」「『風立ちぬ』でゼロ戦を美化していたのに?」

13日、アニメ映画監督の宮崎駿氏が東京都内で記者会見し、安保法案成立を急ぐ安倍首相を「愚劣」と批判したと韓国メディアが報じ、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。写真は中国の出版物に掲載された宮崎氏。

Record China
2015年7月14日 11時44分
続きを読む

ジブリが“一休み”、宮崎駿監督に感謝の言葉=「子どもができたら宮崎監督の作品を見せたい」―中国ネット

5日、日本メディアの報道によると、数々の名作を生み出してきた「スタジオジブリ」の鈴木敏夫代表取締役プロデューサーが「制作部門を1回解体し、再構築する。いったん小休止する」と語った。これに関して中国ネットで反応が見られる。写真は三鷹の森ジブリ美術館。

Record China
2014年8月5日 13時2分
続きを読む

ランキング